ホーム > レーザー治療

当クリニックでは、Ne-YAG(ネオジウム-ヤグ)レーザーというレーザー機器を使用しております。 各種レーザーがある中、このレーザーの特徴は、虫歯の予防・歯周治療を得意とするレーザーです。 また、このレーザーならではの特徴は高出力のため、口腔内での金属の溶接も可能なことです。 レーザー先端の表面加工をすることにより、今までのレーザーではできなかった歯肉の切除も可能になりました。

レーザー治療は、ほとんど痛みがないため、麻酔を避けたい妊婦の方、また、出血や感染症を起こしにくいため、歯周外科処置ができない糖尿病の方・抗血液凝固剤を服用している方などにお勧めです。

レーザー治療室です。
Ne-YAGレーザーです。

虫歯予防

このNe-YAGレーザーの最も得意とする分野が虫歯予防です。 以前から、虫歯予防にはシーラントがありますが、シーラントは歯に酸を塗布するため健全な歯質も酸で溶かしてしまうリスクや数年でシーラントがはがれて酸で溶かされた部分が露出して、そこから2次虫歯になるリスクがあります。

レーザーは酸を使用しないので2次虫歯のリスクがなく、奥歯の溝にレーザーを照射することによって歯の表面をツルツルにして虫歯になりにくい歯にします。 また、レーザー照射後にフッ素を塗ると、通常のフッ素塗布の10倍の効果が出るといわれています。

初期虫歯の抑制

今や初期虫歯は早期発見・早期治療でNe-YAGレーザーなら削らずに治すことができます。 穴が開いていない初期の虫歯にこのレーザーを数回照射し、フッ素を塗布すると虫歯の進行が抑制され、歯を削らずにすむ場合があります。

歯周ポケットの殺菌・ソウハ

歯周病の原因はバイ菌の巣となる深くなった歯周ポケットの形成です。 歯周病治療と併用してその歯周ポケットにレーザーを照射すると薬剤を使用することなくポケット内を殺菌してくれます。 また、妊婦の方や歯周外科を好まない方にお勧めいたします。

口内炎の痛み除去

口内炎ができると痛くて食事もできず、憂鬱で集中力もなくなり、軟膏を塗ってもたいして痛みも取れません。 口内炎部にレーザーを照射すると、一発で痛い口内炎の接触痛から解放されます。 口内炎ができやすい患者様にすぐに痛みが取れると大好評です。

知覚過敏処置

歯の根が露出して冷たいものや歯ブラシが当たるとピリピリ痛いのが知覚過敏症です。虫歯ではないので削って治すのもリスクがあります。 このような場合、そこにレーザーを数回照射すると歯の神経への刺激を遮断して痛みを和らげてくれます。

根管神経の除去(歯の根に残った神経の除去)

虫歯などで歯の神経を取った場合、何度も根の治療をしても取れない神経があり、いつまでも噛むと痛い場合があります。そのような場合、神経が残った根の中にレーザーのファイバーを挿入して、レーザーを照射すると、通常の治療では取れない歯の神経を蒸散・除去してくれます。

感染根管治療(膿んだ根の中の殺菌)

虫歯が進行しすぎて、根にできものができて膿や出血がなかなか止まらない場合があります。 そのような場合、通常の根管の消毒と併用し、根の中にレーザーのファイバーを挿入して、レーザーを照射すると根の中が殺菌・乾燥されて治療回数が少なくて済みます。

炎症歯肉の切開

親知らずの腫れ・歯周病の腫れ・歯の付け根の腫れで膿を出す場合、少量の麻酔あるいは、麻酔なしでレーザー切開することができます。 またさらに、膿内でレーザーを照射すれば殺菌することもでき、切開後の抗生剤の投与も必要ありません。 妊婦の方にお勧めです。

小帯切除

歯肉や舌にあるヒダを小帯といいます。小帯には上の前歯の上にある上唇小帯と、舌の裏にある舌小帯などがあります。 上唇小帯の付着位置が歯に近いと、上の真ん中の歯が離開して“すきっ歯”になってしまう場合があります。 舌小帯の付着位置が悪いと、いわゆる舌が短くなり、乳児では授乳障害・幼児から成人においては発音障害の原因となります。 今までは、麻酔をして小帯を切除し、縫合して治しておりましたが、レーザーを使用すれば、麻酔なしか少量の麻酔で切除して、縫合や術後の投薬の必要もなく治療することができます。

顎関節の痛み緩和

顎関節症で閉開時の顎関節痛がある場合、関節に離れた位置からレーザーを照射すると関節の痛みを緩和することができます。

歯肉のメラニン除去(黒い歯肉をピンク色に戻す処置)

主に喫煙者の方で、前歯の歯肉がまだらに黒くなってしまう場合があります。 これは、歯肉の表面にメラニン色素が沈着して、歯肉が黒く染まってしまうためです。 以前は、そこに麻酔をして黒い歯肉をやすりで削って治し、術後の痛みもかなりありましたが、このNe-YAGレーザーを使用すれば、表面麻酔を塗るだけで痛みなくメラニンを除去することができます。 術後の痛みも醤油などがしみる程度で、投薬の必要もなく治療することができます。 通常、3回程度のレーザー照射で綺麗なピンク色の歯肉になります。

レーザー治療料金表

  処置 技術料
痛みの除去 口内炎の疼痛緩和
(口内炎の痛みをなくす)
1か所につき
1,000 円(税別)
知覚過敏症の疼痛緩和
(歯のしみるのを取る)
1歯につき
1,000 円(税別)
顎関節症の疼痛緩和
(顎の関節の痛みを取る)
片顎1回につき
1,000 円(税別)
虫歯予防 虫歯の予防処置
(虫歯にならないような歯にする)
1歯1回につき
1,000 円(税別)
(フッ素塗布を含む)
初期虫歯の進行抑制処置
(虫歯になりかけの歯の虫歯を止める)
1歯1回につき
1,000 円(税別)
(フッ素塗布を含む)
歯周治療 歯周病治療
(歯周病をおさえる)
1歯1回につき
500 円(税別)
金属冠の溶接
(2つの銀歯を連結する)
1か所につき
2,000 円(税別)
歯の根の治療 根管治療
(根の神経の治療)
1歯1回につき
1,000 円(税別)
感染根管治療
(膿んだ根の治療)
1歯1回につき
1,000 円(税別)
歯肉息肉除去
(盛り上がった歯肉の除去)
1歯につき
3,000 円(税別)
根管内異物除去
(根の中の異物の除去)
1歯1回につき
5,000 円(税別)
口腔外科 膿瘍切開・殺菌
(腫れている歯肉の切開)
1回につき
3,000 円(税別)
審美歯科 メラニン色素除去
(黒くなった歯肉をピンク色に戻す)
メラニンが除去されるまで
片顎15,000 円(税別)
上下顎30,000 円(税別)
ページの先頭へ

診療内容

  • 一般診療
  • インプラント
  • 院長のインプラントへのこだわり
  • 審美歯科
  • 特殊義歯
  • レーザー治療
  • 訪問歯科

衛生管理

  • 徹底した衛生管理
  • ハンドピース・ドリル類の滅菌方法
OAM先進インプラント認定医院
院長 研修歴・認定証・修了証一覧
院長ブログ
スタッフブログ

診療時間のご案内

9:30〜12:00/13:30〜21:00 ※土曜午後は17:00まで 休診日:木・日・祝日 平日夜9時まで診療 初診・急患随時受付
TEL 048-998-2048

メディア掲載のお知らせ

「日本の歯科100選」

「日本の歯科100選」に当クリニックが紹介されています。

著者:日本医院開業コンサルタント協会
監修:朝波惣一郎(国際医療福祉大学 歯科口腔外科教授)


衛生管理

当クリニックの万全な衛生管理体制がフジテレビの「情報プレゼンターとくダネ!」で紹介されました。

名医認定証

日本インプラントセンター名医認定証    

日本インプラントセンター

日本審美歯科センター名医認定証    

日本審美歯科センター


当院へのアクセス

〒340-0801 埼玉県八潮市八條1868-5

広瀬病院通りぞい
八潮団地バスロータリーそば

TEL / 048-998-2048
FAX / 048-998-2034

バスでお越しの場合

八潮団地バス停留所・徒歩5分
八潮団地バス停留所・北公園入口・徒歩1分

お車でお越しの場合

広瀬病院から1分 駐車場完備(15台駐車可能)

当院の地図はこちら

当院ではクレジットカード決済がご利用いただけます(VISA、MASTER、NICOS、UFJ)