スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ

歯ブラシ

2019.10.27(日)

こんにちは。歯科助手の宮内です。
10月に入り、風が少し冷たくなってきましたね。季節の変わり目は風邪を引きやすいので皆さん、体調管理に注意しましょう。
さて、今回は私が少し気になっていた歯ブラシについて書こうと思います。
某メーカーからここ最近発売された、「力を入れすぎるとカチッと音がなる」という歯ブラシです!私は元々歯を磨く際につい力を入れて磨いてしまう事がありました。
なので、気になって実際に購入して使ってみたところ‥まず、強くしなるとカチッと音がなるのですが、毛先が少し開くまで強く力を入れないと音がなりません。私も普段、どちらかというと力を強く入れてしまう癖があったので、使ってみると意外にも自分がそこまで力を入れて磨いていない事がわかりました。
ただ、右の内側を磨く時にカチッと音がなってしまったので私は右内側を磨く時に力が入っていると言う事ですね。自分の普段の癖が目安としてわかるので良いアイディアだと思います。
ちなみに、これはあくまで私の好みなので参考にはならないと思いますが、毛の硬さは普通と表記されていましたが、個人的に硬い方だと感じました。毛先の形はまっすぐ切り揃えられています。私は毛先がまっすぐな物より極細毛の様な毛先が好みなので、リピート購入は今のところないかと思います。
これは個人の好みですね。それと毛の硬さの表記が一緒でもメーカーによっては違うという事もわかりました。今まで歯ブラシはあまりメーカーを変えた事がないので、今回は違う物を使う事により新たな発見が出来たかと思います。
今回試した歯ブラシはアイディアとしては良いと思いますので、気になる方は一度使用してみると良いかもしれませんね。

はじめまして

2019.10.14(月)


夏の始めから清沢歯科クリニックの
スタッフの一員になりました。
歯科助手の堀越です。
あっという間に季節は秋になり
ブログも担当させていただくことに
なりました。よろしくお願い致します!

今まで歯が痛いなと感じてから歯医者さんに
行っていただけの私ですが..
歯科助手という職業について定期検診を
ちゃんと受けることの大切さを実感しています。検診を受けている患者さまは
お口のトラブルがとても少ないなと感じました。
定期検診を受けていれば、もしもお口のトラブルにかかってしまっていたとしても、
早期発見・早期治療につながります。できるだけ削らない、できるだけ抜かない、
できるだけ天然歯を残すために定期検診はとても効果的です。

虫歯や歯周病は、ごく初期でない限り自然治癒することはなく
悪化していくばかりだそうです。歯医者さんは歯が痛くなってから行くという方が
ほとんどではないでしょうか。しかし、最近では病気にかかってしまってからの
「対処療法=治療」よりも、未然に防ぐ「予防」の意識が高まりつつあるそうです。
予防ために大切なのは、毎日の適切なセルフケアと歯科医院での徹底的なケアが必要
です。この2つを積極的に実践し、虫歯や歯周病ができる前に予防することは、
健康寿命をのばすことはもちろん、将来的に金銭面においても負担が軽くなります。

余談ではありますが...我が家の愛犬は小さな頃から歯磨きを嫌がり続け適切なケアを
してあげられなかったので還暦を迎え歯がボロボロになってしまいました。
床に歯が落ちていた時はびっくりしました。犬もお口にトラブルがあると様々な病気の原因になるそうです。おやつを見せれば喜んで走ってくるのに歯ブラシは見せると
逃げていきます。歯が何本残っているかはわかりませんがご飯を美味しく食べれるようにいまからできる予防やケアをしてあげたいと思います。

みなさまの歯の健康を守るためにも、定期的な健診をおすすめしております。

すっかり秋ですね

2019.9.23(月)

こんにちは、衛生士の會川です。
先日患者さんがメタルバンドのTシャツを着ていて、私もメタルが大好きなので思わず話しかけちゃいました!そういう方は滅多にお目にかからないので笑
メタルといえばフィンランドです!フィンランドの空港ではメタルがBGMで流れているとか笑
私の好きなバンドもフィンランド出身です!
そんなフィンランドを題材に少し真面目なお話。
フィンランドでは、キシリトールやフッ素を活用した虫歯予防を国全体で行い、むし歯予防先進国として知られています。
実際、現在のフィンランドの一人平均虫歯の本数は1.2本で、日本の3分の1だそうです。
しかし、1975年のフィンランドでは子どもの虫歯の数が一人平均7本なのに対し、日本では5本。フィンランドの子どもの方が虫歯が多かったのです。その頃のフィンランドは国民があまり裕福でなかったため子ども達の歯科治療を行う保険費用は莫大で、試算してみると、予防に支払うお金の方が治療に払うお金より大幅に少ないことがわかったそうです。
そこで国は歯科大学を増設し、歯科医師を増やしてフィンランド国民への教育を行いました。そして、歯科医院において親子での定期検診を実施しました。また、妊娠初期から子どもの虫歯を防ぐために母親への教育を始めたり「金曜日にキャンディーを買って日曜日までに食べ切り、平日は甘いものを我慢する」という虫歯予防を応援する運動を、政府が行っていました。
現在歯科大学の学生の90%が、予防処置を中心とする女性だそうで、“虫歯が多い子どもは家で虐待を受けている可能性がある”ということで、調査員が家庭に入ることもあるそう。
現在、日本の歯科界ではようやく歯科医院で虫歯を予防するという認識が増えています。
しかし、いくら衛生指導をして予防処置を推奨したところで受ける側の患者さんがやる気にならなければ意味がありません。
毎月、衛生指導をさせていただいていますが「毎度毎度うるさいなぁ〜」って思われる方もいると思います。ですが、私としては同じ事を何回言っても届かない時は非常に残念に思います。反対に、指導した言葉をしっかり聞いて下さり、それが反映された時はとても嬉しいです。
私も伝える側としてまだまだ未熟ですが、一日でも早く患者さんの治療が終了できるようお手伝いしていきますので、どうかちらっと耳を傾けて頂ければ幸いです笑

歯周病について

2019.9.1(日)

こんにちは、歯科助手の成田です。

今回は歯周病について少し説明します。
歯周病はかつて「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていた病気で、実は歯を失う第一位の原因となっています。
日本人の成人約8割は、歯周病にかかっているそうです。
歯周病を起こす直接の原因は、歯周病細菌です。歯周病細菌は生まれたばかりの赤ちゃんにはいません。生活していくうちに家族などの身近な人から唾液を介して歯周病細菌をもらっていきます。ですから、お母さんの口に入れたスプーンを赤ちゃんの口に入れるのは御法度です。ペットからもらう場合もあると言われています。
歯周病は進行性の病気です。しかも相当進行するまで自覚症状があまり出ないため、気がついた頃には手遅れになっていることも珍しくありません。
歯周病は歯を失う怖い病気です。でも、もっと怖いのは体のあらゆる病気を引き起こす危険性があるところです。歯周病細菌は血管内に入ると、血流に乗って全身を周り、体の至る所で病気を起こすことが明らかになってきています。また、呼吸器や消化器の方に入り、病気を起こすこともわかってきています。

いつまでも美味しい食事をするためにも歯はとても大事ですので、口内環境を整えて健康な身体を保ちましょう。

今年も猛暑

2019.8.16(金)

こんにちは 清沢歯科 受付の榎本です。

子供たちにとっては楽しい夏休みも半分以上が過ぎてしまいましたが
毎日 暑さが厳しくてお疲れではないでしょうか😫

我が家には3人の孫がいますが夏休みだからと外に遊びに行くことはあまりありません。
猛暑なので外には行かない方がいいのですが 学校は休みでも
いまの子供たちは、宿題もたくさんあり 習い事もあるのであまり遊ぶ暇がなく
かわいそうな気もします。
我が家の孫もピアノ バイオリン スイミング サッカ– 英会話と習い事中心の夏休みです。

夏休み中の登校やサッカ–の練習では 必ず水筒を持参しますが中身をスポ–ツドリンクにするように
指示されます。
このスポ–ツドリンクは飲み方に注意が必要で
過剰摂取すると『ペットボトル症候群』と呼ばれる、急性の糖尿病になる危険性があり
かなりの糖分が含まれるので 歯も虫歯になる可能性がかなりあるそうです😱
水筒に入れる時は水でうすめ ダラダラ飲みをしないようにしないといけません。
また 飲んだ後は歯磨きや水で口をゆすぐだけでも虫歯を予防できます。
過激な運動や極端に汗をかいたとき以外は,水かお茶を飲むようにして
イオン飲料を水の代わりに使用しない。
下痢や嘔吐でイオン飲料を飲ませたときは症状が軽快したら中止する。
のどが渇いたときは普通の水を飲ませるようにし
寝る前や寝ながらイオン飲料を与えないようにする。
ペットボトルを持ち歩きいつも飲む習慣や,食事をしながらイオン飲料を飲まない。
寝る前には忘れずに歯を磨きましょう😀

まだまだ暑い日が続くようなので熱中症と虫歯に気をつけてこの夏を乗り切りましょう。

写真はこの夏食べたスイカの種をまいたら またスイカができました🍉

夏本番

2019.7.28(日)

こんにちは、助手の中家です。

梅雨も終わっていよいよ本格的な暑さになってきましたね。
外は立っているだけで、汗が流れてくるくらいです。蝉も本格的に活動を始めていますね。

ちょっと前の話になりますが梅雨の時期になると梅が沢山スーパーに並びます。私も梅を買い、梅のシロップを作ってみました。今回はやや黄色くなった梅で作ってみました。青い梅で作るよりも少し酸味が強いですが、梅の香りが感じられて美味しくできました😋梅酒や、梅干しに比べて比較的に短期間で作れます。
一般的に砂糖を使って作りますが、今回は蜂蜜を使って作りました。梅のヘタを取り除き、一回凍らせてから消毒した瓶などに入れ、蜂蜜を満遍なく入れます。梅がシワシワになったくらいが飲み頃です。
蜂蜜には良い事がいっぱいあります。例えば荒れた唇に蜂蜜を塗ってラップをして少し時間を置くというのを繰り返すと治ったり、マヌカハニーは殺菌効果が高いそうです。
マヌカハニーの歯磨き粉なんかもあるそうです。
蜂蜜はショ糖(虫歯菌が最も好む糖の種類)の割合が上白糖に比べると少ないらしく、絶対に虫歯にならないとは言えませんが、歯が強い人などは上白糖を摂取するよりも虫歯になりにくいそうです。
歯が溶ける原因は糖分が口の中で酸性に変わる事ですが、蜂蜜は口の中の酸性が上白糖などに比べてそれほど進行しないそうです。
いい事ばっかりですね!だからと言って、寝る前に摂取したりするのは虫歯のリスクを高めるので、摂取した後は歯を磨きましょう。
糖分は虫歯のリスクを高めますが、疲れた時など食事を美味しくするのにも欠かせない存在です。程よく摂取して口内環境をじゅうぶんにケアしましょう。

雨☂

2019.7.14(日)

今日も朝から雨ですね…。
梅雨の時期なので雨が降らなければ困るのですが、ここまで日照時間が少ない日が続くと気持ちまでどんよりとしてきます。
大量の洗濯物は乾かないし、野菜好きの我が家にとってはこのあとに来るお野菜の高騰も深刻な問題です…。
子供達の大好きなお祭りも小雨の中でした。
そんな雨続きの中、先日、親族が集まってお寺に行く行事があり、その日も朝から土砂降り(台風接近中もあり)で、横なぶりな雨に一同ずぶ濡れになっておりました。
昔から私の行事のたびに雨(嵐?)が降るので、もちろんその日も親戚中から「やっぱりなぁ〜」と言われておりました。
ただその後のお坊さんの話の中で「恵みの雨」「雨降って地固まる」などの表現や"吹き込む"転じて"富貴込む"など、昔から雨はとても縁起が良いとされているというお話がありました。
確かに、雨が降っていると毎日忙しい家事をお休みして身体を休めたり、いつもと違う自分の時間を持てたり。
今月末には例年通り梅雨明けも予報されているので、またカンカン照りの暑い夏がやって来ます。それまでもう少し、雨の時間を楽しむようにしたいなぁと思います。
話は変わりますが、前回の私のブログで書きましたホワイトニングですが、3ヶ月が過ぎて、最近周りの方々から「歯が白い!」と言われる事が多くなりました。
毎日見ているので自分ではそこまで変化を感じないのですが、以前ほど着色を気にしなくなったなぁと思います。
コーヒー&紅茶、カレーなど色の強い物も食べるので、以前は頻繁に着色が気になり歯のクリーニングをお願いしていました。
ホワイトニングを始めてから、歯磨き粉も変え「汚れを落とす」タイプの物から「汚れをつきにくくする」予防タイプの物に変えて使っています。
歯ブラシも歯磨き粉も本当に色々なタイプの物が沢山あって、なんとなくいつもと同じ物を買って使っている方も多いのではないかと思います。私も以前はそうでした…。
自分が何を求めているのか、自分に合った物はどのタイプの物なのか少し考えてから選んみると良いと思います。
先日LOFTに行った時、あまりの種類の歯磨き粉の多さに驚きました。
自分ではよく分からないと思う方は月に1度行っている衛生士のブラッシング指導の時にでもどのタイプが自分に合っているのか聞いてみて下さい。

二次カリエス

2019.6.30(日)

こんにちは。歯科助手の宮内です。

梅雨が本格的に始まって、雨の日が多くなってきましたね。
主婦にとっては雨が続くと洗濯物が外に干せないので、本当に困ります。。
貴重な晴れ間を逃さないよう天気予報のチェックが欠かせない今日この頃です。

話は変わりまして、皆さん「二次カリエス」をご存じでしょうか。

「二次カリエス」とは、一度治療した歯が虫歯になってしまうことを指します。
一度治療した歯は、虫歯にならないと思われがちです。
しかし実際は治療済みの歯こそ虫歯のリスクが高く、数値で表すと再治療の確率は7、8割というデータもあります。

原因としては、虫歯を治療するために、詰め物や被せものをし、しっかりガードをします。しかし、年数が経つにつれて、素材によっては劣化してしまうケースもあり、その際にできた隙間に歯垢や食べかすが入って虫歯が再発してしまうのです。

そのため、治療を終えても安心せず、日々のケアが大変重要です。
また、人によっては加齢とともに歯の根本部分が見えるようになります。これは、噛み合わせが悪く力が上手く分散されていないことや、歯ブラシの際に力を込めすぎていることが原因です。
歯の根本は歯の上部のエナメル質より柔らかく、リスク部位ですので新しい虫歯の予防、再発の防止のためにも、丁寧な歯ブラシやフロスがお勧めです!

また、6ヶ月に一度の定期検診によって、虫歯の有無、歯周病チェックができ、それによって生活習慣や歯ブラシの見直しが出来るので、歯医者さんが苦手な方でも是非、お気軽にご来院下さい。

スッキリ綺麗な歯で、ジメジメする梅雨に負けず頑張りましょう!

梅雨ですね〜

2019.6.17(月)

こんにちは、歯科助手兼受付の今井です。

早いもので、今年も半年が経とうとしています。
ちょうど今の時季は、街のいたる所で綺麗なアジサイの花が見られますね。写真は、犬の散歩中に撮った近所の小学校のアジサイです。

アジサイは、すべての種類がそうではないのですが、植えられている土の状態で、花の色が決まるそうです。
昔、学生の時に習ったリトマス試験紙とは逆で、土が酸性だと花の色が青く、アルカリ性だと赤くなるとのことです。
私は、写真のような青〜紫くらいの色が好みなので、もし自分の家で育てるのであれば、土を酸性に保つ必要がありますね。

しかし!口の中は酸性ではいけません。
『酸蝕症(酸蝕歯)』という言葉を聞いたことがありますか。
酸性が強い物を食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。歯のエナメル質から、リン酸カルシウムの結晶が溶けだしてしまう症状です。虫歯や歯周病に続いて、歯を失う原因のひとつでもあるので、注意が必要です。

酸蝕症をひき起こす危険性のある食べ物や飲み物は、私たちの周りに沢山あります。その例が、炭酸飲料や果汁飲料などの酸性飲料です。これらの飲み物をよく飲んでいる人は、酸蝕症の危険があるということになります。逆に、牛乳や麦茶などは、リスクはほとんどないとのことです。

ヘルシーなイメージのある黒酢も、酸性が強いので、気を付けなければなりません。
食べ物の例のひとつは、柑橘系の果物です。レモン・グレープフルーツ・オレンジなど、いずれも酸蝕歯になってしまうリスクが高いのです。
酢を使ったドレッシングも酸性なので、健康の為に野菜サラダを多く摂っても、ドレッシングの使い過ぎには注意です。

一般的に、飲食をすると、3分後には口内のプラーク(歯垢)内部やプラークが付いている歯の表面が酸性化し、歯の表面が柔らかくなって傷つきやすくなります。そこで、酸を中和する働きをもつ唾液が分泌され、口内を中性に近づけるように働きかけ、人間の口内のpHは、中性に保たれる仕組みになっているのです。
ですから、歯磨きは食べてすぐではなく、30分ほど経ってからが良いのです。
ちなみに、口内がアルカリ性に傾いたとしても、プラークが歯石化するという程度です。歯石は歯科医院で取り除ける為、それほどデメリットないということです。
歯石が付いてしまったら、ぜひ清沢歯科クリニックにお越しくださいね(^o^)丿

夢の中

2019.6.3(月)

こんにちは、衛生士の會川です。
まだ6月なのに夏の訪れをじわじわと感じ始めて早くも心が折れそうです。何せ暑いのと虫が大嫌いなので夏は私にとって本当に過ごしにくいのです。と、夏に対する愚痴をこぼしてしまいました。
暑いとなかなか寝付けないのも悩みどころですね💦
ところで私は寝てるとよく夢を見るのですが、日によって現実的な夢とありえないシチュエーションの夢と色々見ます。
現実的な夢というのは例えば、寝坊して仕事に遅刻する夢だったり、仕事で清沢先生に怒られる夢もたまに見ます(笑)
リアルすぎて起きた時にドキドキする事があります(o_o)
嬉しい夢もたまに見ます。先日は死んでしまった飼い猫が夢に出てきてくれてほっこりした気分になりました^_^
あとはこの間何故か25000円を貰う夢を見ました(笑)こういう夢は起きてからガッカリしますね(^^;
まぁだいたいは訳の分からない夢がほとんどです。ただ、夢って時々自分が寝ている時に現実に起きている状況と夢の中の内容が繋がっている気がします。
例えば寝ていて身体はトイレに行きたいのに脳は眠った状態だから夢の中で何回もトイレに行くのにスッキリしない‥みたいな状態ってありませんか?
私は先日夢の中で耳元で工事現場のおじさんが一生懸命道路を機械で掘っていてずーっとガガガガガガって鳴っていてうるさーい!って思って目を覚ましたら真横で旦那さんが大イビキをかいていた‥なんてことがありました。
さて、ここからが本題です。私はよく歯が抜け落ちる夢をよく見ます。幸い私は現実ではまだ欠損歯がないのですが、歯がボロボロ抜け落ちる夢って本当にリアルで怖くてハッ!として起きて歯がある事を確認すると安心します。
夢占いにも歯が抜ける夢の事は色々書いてありますが、「歯ぎしりや食いしばりがある人」はそういった夢を見やすいという説に一番納得できます。現に私は歯ぎしりの自覚はありますしそういう夢を見た時はよっぽど強く歯ぎしりしたんだなぁと思っています。
長くなってしまいましたが、自覚が無い方はもし歯が抜ける夢を見たら歯ぎしりしてるかも!と思った方がいいかもしれませんねZzz(~皿~)
 
ページの先頭へ

診療内容

  • 一般診療
  • インプラント
  • 院長のインプラントへのこだわり
  • 審美歯科
  • 特殊義歯
  • レーザー治療
  • 訪問歯科

衛生管理

  • 徹底した衛生管理
  • ハンドピース・ドリル類の滅菌方法
OAM先進インプラント認定医院
院長 研修歴・認定証・修了証一覧
院長ブログ
スタッフブログ

診療時間のご案内

9:30〜12:00/13:30〜21:00 ※土曜午後は17:00まで 休診日:木・日・祝日 平日夜9時まで診療 初診・急患随時受付
TEL 048-998-2048

メディア掲載のお知らせ

「日本の歯科100選」

「日本の歯科100選」に当クリニックが紹介されています。

著者:日本医院開業コンサルタント協会
監修:朝波惣一郎(国際医療福祉大学 歯科口腔外科教授)


衛生管理

当クリニックの万全な衛生管理体制がフジテレビの「情報プレゼンターとくダネ!」で紹介されました。

名医認定証

日本インプラントセンター名医認定証    

日本インプラントセンター

日本審美歯科センター名医認定証    

日本審美歯科センター


当院へのアクセス

〒340-0801 埼玉県八潮市八條1868-5

広瀬病院通りぞい
八潮団地バスロータリーそば

TEL / 048-998-2048
FAX / 048-998-2034

バスでお越しの場合

八潮団地バス停留所・徒歩5分
八潮団地バス停留所・北公園入口・徒歩1分

お車でお越しの場合

広瀬病院から1分 駐車場完備(15台駐車可能)

当院の地図はこちら

当院ではクレジットカード決済がご利用いただけます(VISA、MASTER、NICOS、UFJ)