スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ

食欲の秋

2020.10.26(月)

こんにちは、助手の小島です。
秋に入り気持ちいい秋晴れの天気が続くようになってきましたね。
元々私は寒がりな方なので、毎年あまり暑さを感じなかったのですが今年は異常でしたね😅
秋と言えば、やはり食欲の秋!秋の食材は魅力のある物がいっぱいありますね〜。芋や栗、かぼちゃなどなど‥大好きな物ばかりです。
芋や栗などはおかずや主食にもなる素材ですが、スィーツにも出来てしまう所が良いですね!
スィーツと言えば先日テレビを観ていたら
知った事ですが、日本の子供の砂糖の摂取量は他国に比べてとても少ないのに対して虫歯の本数は世界上位に入るそうです。
何故かというと、ヨーロッパやアメリカはデザート文化なために食事をした後に甘いものを食べる家庭がほとんどです。なので決まった時間にドンと大量に砂糖を摂取しますが、この決まった時間というのがポイントなんだそう。
砂糖は摂取する量が少量でも1日に何度も口にしてしまうと、酸が常に口の中にある状態なので虫歯になりやすいのです。むしろ、大量の砂糖でも1日一回にとどめてその後にしっかり歯磨きをする方が虫歯リスクが少ないのだとか。
それとこれは個人的な考えですが、欧米では歯の見た目をとても重視するので虫歯にならないよう小さい頃から歯磨きをしっかりするよう厳しく育てられているせいもあるのではないかと思います。
特に今年は猛暑でしたので、お子さんにスポーツ飲料や、塩分の入った飴など持たせた方も多いのではないでしょうか。塩分補給はとても大事ですが、虫歯リスクを考えるとその後の歯磨きをしっかりしないといけませんね。

夏も終わり?

2020.9.20(日)

こんにちは、助手の宮内です。
今年の暑さは異常でしたね。最近はやっと過ごしやすい日が続いたりしてようやく夏も終わりかなといったところですね。例年の暑さに輪をかけての猛暑で、その上にコロナ。精神的に参ってしまいますね😔

さて、話は変わりまして今回は「災害時のオーラルケア」についてブログを書こうと思います。

近年、埼玉でも小さな地震がよく起きますよね。九州でも大型の台風で大きな被害が出ました。もしもこの先、避難所生活が来たりした時に防災グッズを普段から色々揃えている方なんかもいるのではないでしょうか。
特に水や携帯ラジオなどなど思いつくものは色々あると思いますが、お口のケアに関するグッズって真っ先に思いつく方は少ないのではないでしょうか。むしろ、1番後回しにされるグッズと言っても過言ではないかもしれませんね。
歯磨きなんて何日かしなくても平気だと思われるかもしれませんが、お口は肺と繋がっています。口内が汚れを溜めれば肺炎や、喉の癌になる可能性があります。特にご年配の方に多いのが誤嚥性肺炎です。さらに、入れ歯をされている方は自分の歯だけではなく入れ歯自体を綺麗に保つ必要があります。口内を綺麗にしても入れ歯が汚れていれば菌が繁殖し体内に侵入します。
そうは言っても水も無い状況になったら歯磨きどころではないと思いますが、水や練り歯磨きの代わりにはマウスウォッシュがかなり有効のようです。大きいボトルが一本あるとかなり回数使えるのでストックしておくのも良いかもしれません。他には緑茶に含まれるカテキンの成分が殺菌に良いようなので、緑茶で口をゆすいだりするのもその場凌ぎにはなる様です。
今回は災害時のオーラルケアについて書きましたが、普段から準備されている方も今からの方も歯ブラシとマウスウォッシュのセットをプラスされてみてはいかがでしょうか。

☆歯の着色の原因☆

2020.8.30(日)

こんにちは!
歯科助手の堀越です。

今回のブログでは、お気になさる方が多い
歯の着色の原因について調べてみました。

☆そもそも着色の原因とは??
歯の着色原因は、内部からの原因と外部からの原因があります。

•加齢による歯の黄ばみ

•虫歯による色の変化

•外部からの着色

外部からの着色はご自身でケアすることが可能です。コーヒーやお茶などに含まれる
色素が歯の表面に沈着することでも着色を引き起こします。

「ステインによる着色」と呼ばれるものがこれに当たります。
ステイン着色の原因になりやすいものは、コーヒー他、赤ワインやチョコレート、
タバコなどが良く知られています。コーヒーは患者様でも嗜好飲料として
飲まれる方が特に多く見受けられます。

☆「ステイン」を付着させない方法とは?

歯の表面はつるつると滑沢です。これは滑沢なことで歯の表面に
細菌がつかないようになっており、清潔な状態を保てるようになっています。

•表面を傷つけないように

表面を研磨剤などでゴシゴシと強く磨いてしまうと、細かな傷がついてしまいます。
するとその細かな傷に細菌や汚れがつきやすくなり、結果としてステインの沈着にも
繋がってしまうのです。歯の表面を傷つけないように注意することも大事ですが、
汚れを除去するためには研磨剤入りの歯磨き粉が有効な場合もあります。
生活習慣や歯の状況にあわせて、上手に取り入れることがポイントです。

•飲食後の習慣

コーヒー他、さまざまな飲み物や食べ物にステインが含まれています。
これらのものを飲食した後にうがいをすることで、ステインの主成分を洗い流し、
ステインの沈着を防止することができます。ご自身でドラッグストアなどで
売っているステイン除去アイテムを使用し、汚れを落とすことも可能ですが、
歯の汚れや歯垢などを本格的に除去するには、やはり歯科医院で専門のスタッフに
クリーニングをしてもらうのが一番です。
清沢歯科クリニックでもホワイトニングのご相談が可能です。

常に自分の歯は見ているので歯に着色がついても気付きにくいことが多く、
定期的に歯科医院へ検診に行くことがお勧めです。
定期健診は自覚症状の出にくい初期の虫歯なども発見しやすく、
健康面からみてもとても大切です。

注意喚起!

2020.7.29(水)

こんにちは、衛生士の會川です。
最近は雨が降って蒸し暑いと思いきや、急に涼しくなったりと気温の変化が激しくて体がついていけません。
さらに、今は外出先でのマスクが欠かせないものになってきて接触冷感マスクなどの夏対策マスクが色々ありますが、マスクをしているとなかなか喉の渇きに気づきにくいそうなので、こまめな水分補給はとても重要だそうです。
歩いて通院される方もいらっしゃると思いますが熱中症にはくれぐれも気をつけてお越し下さい。
さて、先月(少し前になりますが)とある中学校の歯科検診の補助をしてまいりました。
百何十人くらいの生徒さんの虫歯の有無や清掃状態の確認などの記録をしました。
その中で感じた印象は男女ともに虫歯が多く、清掃状態もあまりよろしくない生徒さんが多いなということでした。(記録の上で感じた印象です)
院長いわく、以前はもっと虫歯の生徒さんが少なく検診も早めに終わっていたとのこと。
今回はそれ以上の時間がかかったそうなのでやはりそれだけ虫歯のチェック数が多かったということでしょう。
実際、清沢歯科にも中高生くらいの患者さんが検診や虫歯治療に来院されますが、染め出し液を使って歯垢のチェックをするとかなり汚れが多く取り残されている子が多いように思います。むしろ、小学校低学年くらいの子の方がきれいに歯磨き出来ているかなと思うくらいです。小学生だと、まだギリギリ親御さんが歯磨きをちゃんとするよう注意しても素直に聞いてくれる年齢かもしれませんが、中高生になると歯磨きが面倒くさいのはもちろん、それを注意されるのも鬱陶しいし親御さんもそこまでうるさくは言わないのかもしれません。実際私がそうでした😅(母は歯磨きに関してとてもうるさかったですが)気にするようになったのはこの仕事をする様になってからです。幸い今のところ銀歯もなく全て歯は揃っていますが油断は禁物です。
歯磨きが面倒なのはよくわかります、ですが歯磨きを就寝前にチャチャっと終わらせている子達はその事を後悔するのはそう遠くない日に来るでしょう。
20代で入れ歯なんて事もざらにあります。そういう方を何人も見てきました。
それが嫌ならば面倒でも10代のうちから最低でも1日2回、寝る前は5分以上頑張って歯を磨いて下さい。
次回の検診は全員虫歯ゼロでありますように。

診療再開

2020.6.24(水)

こんにちは、助手の成田です。
梅雨に入り湿気が鬱陶しい季節になりましたね。洗濯物がなかなか乾きません。
さて、清沢歯科は約1か月の自主休診を終えて6月1日から診療再開となりました。
患者様にはご不便をおかけしました。
しかしながら、以前の様な期間ではまだ予約受付ができないためしばらくの間、またご不便をおかけします。
まだまだ元の生活には戻れませんね。

そして清沢歯科では治療前に皆さんに、うがい薬でのうがいをご協力をいただいております。
うがいは2回に分けて、まず半分ほど口に含み喉のガラガラうがいをします。次に残りの半分を口に含み今度は口の中でブクブクうがいを1分間します。
この1分間をスタッフがタイマーで測るのですが、これが思ったよりも長いのです。
皆さん、「1分て意外に長いんですね」と言われます。
本来であれば、毎日の外出からの帰宅後もそのくらいの時間をうがいにかけたほうが良いそうですが私達は普段、時間など気にせずなんとなくうがいをしていると思います。
私もタイマーで1分を測る際に、いかに自分が無意識にうがいをしてたかを実感します。
これからはうがいをする時間も見直してみようと思います。
診療再開にあたって順次再開お知らせのお電話をしております。
検診のお葉書も出しておりますので、歯の不具合やクリーニングの希望などがあれば一度お電話を下さい。
もちろん、初めての方も診療時間内であれば当日予約も可能ですので一度お電話にて確認をして下さい。
こういう時期なので、検診やクリーニングを避けてしまいがちですがご本人が気づかなかったような虫歯など見つかる場合がありますので、しばらく来院されてない方はぜひ一度いらして下さい。

静かなゴールデンウィーク

2020.5.2(土)

こんにちは。助手の中家です。
5月に入り、気温が高くて汗ばむ日も増えてきました。今年は残念ながらお花見や、ゴールデンウィークも楽しむ余裕がなく過ぎていきます。
写真はだいぶ前に撮った桜ですが、とてもきれいに咲いており、憂鬱な気分も少し晴れさせてくれました🌸
新たに発表される感染者数も今では当たり前の様にニュースで流れます。そしてもちろん八潮市も感染者が多数います。もはやどこでどう感染しているのかわからないですね。
気をつけなければいけないのはご高齢の方や既往のある方ですが、今では感染防止のため高齢者施設では面会ができない状態ですよね。
いつかのブログで感染予防と口内ケアについての話題がありましたが、自分の手で歯磨きが出来ない方はどうしたらいいのか。特に施設に入居されている高齢者の中には元気な方ばかりではありません。施設のスタッフさんの手を借りなければならない方も多いでしょう。
歯磨きもまたそのひとつ。実際に清沢歯科に高齢者施設から付き添いのスタッフさんと来られる患者様の口内状況はあまり良い状態ではありません。施設のスタッフさんも入居者様の口内ケアまでは手が行き届かないのでしょう。
とても大変な仕事ですよね。
ただ丁寧な歯磨きは出来ないにしても、ざっと汚れを取るだけでも何もしないよりは良いかもしれません。手軽な方法としては、うがいが出来ない方などに有効なのがペットボトルの緑茶を浸したガーゼやスポンジで汚れを取るのが良いようです。ゆすいでもらう必要もなく、緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があるので施設のスタッフさんに限らず、在宅介護をされているご家族の方もできる方法です。
歯科は感染リスクが高い場所です。日々感染予防に努めていますが、歯科に来なくてもお家や施設内で出来る事をなるべく実践していきましょう。

大変な毎日!

2020.4.15(水)

こんにちは。助手の小島です。
少し前ですが、ついに緊急事態宣言が発令されましたね。休校措置がとられてからは子供達が毎日家にいますので、朝昼晩の食事の用意がとても大変です。全国の働くママさん、本当に大変ですよね。おまけに我が家の子供達は自粛生活からのストレスなのか、朝から兄弟喧嘩が始まり私はクタクタの状態で毎朝出勤しております。いったいいつになったら平和が戻るのでしょうか。
最近は雨や寒い日もあり、寒暖差があるので風邪をひきやすいので、ちょっと疲れたり熱っぽかったりすると心配になりますよね。
清沢歯科ではより一層感染対策に力を入れており、スタッフの防護服着用や換気のために現在は玄関ドア、診療室の窓を開けた状態で診療しております。膝掛けも用意しておりますが、念のため患者様も暖かい格好をして頂くようお願いいたします。
しばらくの間、皆様にはご不便をお掛けしますがご協力お願いいたします。
さて、前述にもある通りお子さんが家に1日いる家庭が今多いと思いますが、共働きだと子供を家で留守番させておく日が多いと思います。特に小学生以上のお子さんのおうちは。小さなお子さんがいる家庭のお母様は休みを取ったり、テレワークなどをしたりすると思いますが。
留守番が出来る反面、親のいない事を良いことに家で好き放題している、なんてことありませんか(笑)ゲームをここぞとばかりしたり、好きなお菓子を好きなだけ食べたり!
我が家の子供達は幸いにも歯磨きをしっかりしてくれるので、今のところ虫歯はありませんが
仕上げ磨きをさせてくれない、歯磨きが嫌いな子もたくさんいると思います。
無理やり抑えつけて歯磨きする親御さんもいると思いますが、あまり良くないそうです。
出来るだけ自発的に興味を持ってもらう事が大切なので、染め出し液(ネットや市販でもあります)など使って、「綺麗に磨くと色がつかないからやってみよう」などゲーム感覚で一緒にやってあげられるといいそうです。自粛生活で子供との時間が増えたこんな時こそ、ちょっとやってみてはいかがでしょう?

歯磨きとウィルス予防

2020.3.14(土)

こんにちは。助手の宮内です。
春風も吹く中、新型コロナウィルスの感染拡大により、経済にも影響が及んでいますね。
テレビやラジオでは当たり前のように常にコロナウィルスのニュースが流れています。
今ではSNSで簡単に良くも悪くも情報を共有できるため、デマ情報が拡散されて生活必需品が品薄になるなどもはやなにが本当なのかわからない状態ですね。
マスクは常に売り切れですし、消毒用エタノールや、ティッシュペーパー、トイレットペーパーまで‥もはやウィルスと関係ないものまでお店から消えています。
当院でも、このウィルス感染拡大の影響により待合室での新聞雑誌の撤去、マスク着用や来院された際の手指消毒を患者様に対してご協力を呼びかけている状態ですが、マスクが欲しくてもなかなか手に入らないという方もたくさんいらっしゃると思います。
当院でもマスクの数に限りがございますので来院される度にというわけにはいきませんが、お持ちでない方は受付にてお渡ししておりますので、ご不便をおかけしますが待合室での感染予防にご協力お願いいたします。
しかし、ウィルスからのマスクの予防効果というのはほぼ無いみたいですね💦
あくまで他人に感染しないようにするための物なので、結局は手洗いうがいや身体そのものの免疫力が予防に繋がるという事ですね。
特に、口内が乾燥しているとウィルスが喉の粘膜に滞在しやすくなるようなので、唾を頻繁に飲むとウィルスが洗い流され、胃酸で死滅するそうです。
そして、まず第一に口内が汚れた状態では菌の活動を活発にしてしまいます。
喉の奥には発癌物質が常在していますが、歯磨きをしないと、発癌物質が洗い流されないのでまったく歯を磨かないかたは、1日に2回以上磨く方の2.5倍、癌になるリスクが高いそうです。
また、最近の死因として誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が大きく取り上げられていますが、これも歯周病が原因だと言われています。実は歯周病は死亡に結び付く病気なのです。
誤嚥性肺炎はお年寄りに多い病気です。
話が少し逸れましたが、コロナウィルスも肺炎の症状で、既往がある方やお年寄りの方が危険と言われています。
若い方も亡くなられている様なので、マスクを探して歩き周るよりも、睡眠をしっかり取り、正しいブラッシングで口内環境を整えておきましょう。

うがいの種類

2020.2.23(日)

こんにちは。
歯科助手の堀越です。

うがいの種類はぶくぶくうがい、ガラガラうがいの
2種類だと思っていましたが、
最近テレビの健康番組やネットニュースで
話題の毒出しうがいについて調べてみました。

皆さん、外出先から帰ってきたときや
歯磨きの後などにうがいをしますよね。

口内の洗浄にも効果のある水を含んで口を閉じ、
頬を膨らませたり元に戻したりを交互に
素早く行ってすすぐぶくぶくうがいと
喉の洗浄に効果のある水を含んで口を開け、
頭部を後ろに傾けて吐くガラガラうがい
の2種類は一般的ですね。

では毒出しうがいとは普通のうがいとは何が
違うのでしょうか。

毒出しうがいの「毒」とは、
からだに悪さをする原因のプラーク(歯垢)の
元となる、口の中のバイ菌や食べかすを
指しているそうです。
そのバイ菌や食べかすを
しっかり洗い流して口の中を清潔に保つ
うがい方法が毒出しうがいです。

歯磨きをしても、間違ったうがいのやり方だと、
歯磨き粉や食べかすなどが口に残ってしまいます。
つまり、虫歯や歯周病の原因になってしまうんです。
では上手な毒出しうがいのやり方をご紹介します。
口に含んだ水を、クチュクチュとできるだけ
大きな音を立てながら、
上の歯⇒下の歯⇒右の歯⇒左の歯に
順番に10回ぶつけます。上下左右を各10回ずつです。
お食事の後や間食の後、甘い飲み物を飲んだ後
にも毒出しうがいを行うと効果的です。
飲み物だからいいやと思いがちですが、
甘い飲み物は歯の間に残り、口臭のもとにも
なります。

私も食事の後などすぐに歯磨きが
できない時にはうがいを必ずするように
していますので実践してみたいと思います。
皆さんも毒出しうがいでより良い口内環境を
整えてくださいね!

ウィルス対策にはガラガラうがい、
お顔の多くの筋肉を使うぶくぶくうがいは
リフトアップなどの美容効果も期待でき、
お顔の筋力が高いと高齢になった時に、
お食事の時に噛む、飲み込むなどの力のプラスに
なりますので合わせて取り入れてみましょう!

猫の乳歯

2020.1.31(金)

こんにちは。衛生士の會川です。
今年は暖冬と言われていますが、この頃は気温も低くく雨も多くてなんだかすっきりしない天気が続きますね😅
インフルエンザもあちらこちらで流行っているようですので、皆さん予防を欠かさずに気をつけましょう。特にウィルスは乾燥した空気を好むそうなので寝る時は加湿を心がけると良いですね!
さて、今回の題材は猫の乳歯について。
本来であれば立場上、人間の歯について触れるべきなのですがネタも段々尽きてきたしちょうどタイムリーな写真も撮れたので、たまには良いでしょう😀
我が家には7か月になる2匹の兄妹猫がいるのですが、ほんとに仲良しでやんちゃで毎日2匹で家中を走り回っています🐱🐱
我が家に初めて来た時は4か月か5か月くらいの時でしたので、まだ乳歯が生えていました。
以前飼っていた猫の乳歯も大切に保管しているので今回も床やカーペットに抜けた乳歯が落ちていないか注意しながら掃除したりして、何本か集めました。それはまるで宝物を見つけるような気分でした😁
もちろん全てを集める事は出来ませんでしたが5、6本くらいは集められました。(ただどっちの子の歯なのかはわかりません🤣)
そもそも猫は人間と違い、乳歯の横から永久歯が生えてきて乳歯を押し出す感じで抜けるそうなので、人間の子供のように歯抜けの状態にはならないので飼い主は生え変わりに気づくことすらない事もあるそうです。
それから一時期、子猫の口臭が酷かったのですがそれは生え変わりの時期によくある事だそうです。つまり猫の乳歯の特徴として乳歯と永久歯が重なって生えている時期があるので、そこに食べカスが溜まりやすくなり口臭の原因に繋がるようです。乳歯が抜ける事により食べカスが溜まる場所も少なくなるので口臭も自然に無くなるのです。
人間の子供もたまに口臭がある子がいます。
ですが生え変わりのせいではありません。
大体は口呼吸が要因です。鼻詰まりが起因する口呼吸や口周りの筋肉の緩みが起因する口呼吸などありますが、つまり口内が乾燥する事により口臭が酷くなるのです。
話が逸れましたが、我が家の猫はもう全て永久歯に生え変わり、口臭も段々回復されてきました。ただこれから歯周病予防にも気を遣わないといけないので、餌はドライ中心、置き餌をしないなど出来る限り努力はしていますが、歯磨きだけは上手くいきません。歯科衛生士として少し情けないです😞笑
 
ページの先頭へ

診療内容

  • 一般診療
  • インプラント
  • 院長のインプラントへのこだわり
  • 審美歯科
  • 特殊義歯
  • レーザー治療
  • 訪問歯科

衛生管理

  • 徹底した衛生管理
  • ハンドピース・ドリル類の滅菌方法
OAM先進インプラント認定医院
院長 研修歴・認定証・修了証一覧
院長ブログ
スタッフブログ

診療時間のご案内

9:30〜12:00/13:30〜21:00 ※土曜午後は17:00まで 休診日:木・日・祝日 平日夜9時まで診療 初診・急患随時受付
TEL 048-998-2048

メディア掲載のお知らせ

「日本の歯科100選」

「日本の歯科100選」に当クリニックが紹介されています。

著者:日本医院開業コンサルタント協会
監修:朝波惣一郎(国際医療福祉大学 歯科口腔外科教授)


衛生管理

当クリニックの万全な衛生管理体制がフジテレビの「情報プレゼンターとくダネ!」で紹介されました。

名医認定証

日本インプラントセンター名医認定証    

日本インプラントセンター

日本審美歯科センター名医認定証    

日本審美歯科センター


当院へのアクセス

〒340-0801 埼玉県八潮市八條1868-5

広瀬病院通りぞい
八潮団地バスロータリーそば

TEL / 048-998-2048
FAX / 048-998-2034

バスでお越しの場合

八潮団地バス停留所・徒歩5分
八潮団地バス停留所・北公園入口・徒歩1分

お車でお越しの場合

広瀬病院から1分 駐車場完備(15台駐車可能)

当院の地図はこちら

当院ではクレジットカード決済がご利用いただけます(VISA、MASTER、NICOS、UFJ)
 

Warning: file_get_contents(/home/kiyosawasika/public_html/sp/common/inc/footer.inc): failed to open stream: No such file or directory in /home/pasciona01/www/kiyosawasika/blog_staff/index.php on line 86