スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ

歯磨きとウィルス予防

2020.3.14(土)

こんにちは。助手の宮内です。
春風も吹く中、新型コロナウィルスの感染拡大により、経済にも影響が及んでいますね。
テレビやラジオでは当たり前のように常にコロナウィルスのニュースが流れています。
今ではSNSで簡単に良くも悪くも情報を共有できるため、デマ情報が拡散されて生活必需品が品薄になるなどもはやなにが本当なのかわからない状態ですね。
マスクは常に売り切れですし、消毒用エタノールや、ティッシュペーパー、トイレットペーパーまで‥もはやウィルスと関係ないものまでお店から消えています。
当院でも、このウィルス感染拡大の影響により待合室での新聞雑誌の撤去、マスク着用や来院された際の手指消毒を患者様に対してご協力を呼びかけている状態ですが、マスクが欲しくてもなかなか手に入らないという方もたくさんいらっしゃると思います。
当院でもマスクの数に限りがございますので来院される度にというわけにはいきませんが、お持ちでない方は受付にてお渡ししておりますので、ご不便をおかけしますが待合室での感染予防にご協力お願いいたします。
しかし、ウィルスからのマスクの予防効果というのはほぼ無いみたいですね💦
あくまで他人に感染しないようにするための物なので、結局は手洗いうがいや身体そのものの免疫力が予防に繋がるという事ですね。
特に、口内が乾燥しているとウィルスが喉の粘膜に滞在しやすくなるようなので、唾を頻繁に飲むとウィルスが洗い流され、胃酸で死滅するそうです。
そして、まず第一に口内が汚れた状態では菌の活動を活発にしてしまいます。
喉の奥には発癌物質が常在していますが、歯磨きをしないと、発癌物質が洗い流されないのでまったく歯を磨かないかたは、1日に2回以上磨く方の2.5倍、癌になるリスクが高いそうです。
また、最近の死因として誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が大きく取り上げられていますが、これも歯周病が原因だと言われています。実は歯周病は死亡に結び付く病気なのです。
誤嚥性肺炎はお年寄りに多い病気です。
話が少し逸れましたが、コロナウィルスも肺炎の症状で、既往がある方やお年寄りの方が危険と言われています。
若い方も亡くなられている様なので、マスクを探して歩き周るよりも、睡眠をしっかり取り、正しいブラッシングで口内環境を整えておきましょう。

うがいの種類

2020.2.23(日)

こんにちは。
歯科助手の堀越です。

うがいの種類はぶくぶくうがい、ガラガラうがいの
2種類だと思っていましたが、
最近テレビの健康番組やネットニュースで
話題の毒出しうがいについて調べてみました。

皆さん、外出先から帰ってきたときや
歯磨きの後などにうがいをしますよね。

口内の洗浄にも効果のある水を含んで口を閉じ、
頬を膨らませたり元に戻したりを交互に
素早く行ってすすぐぶくぶくうがいと
喉の洗浄に効果のある水を含んで口を開け、
頭部を後ろに傾けて吐くガラガラうがい
の2種類は一般的ですね。

では毒出しうがいとは普通のうがいとは何が
違うのでしょうか。

毒出しうがいの「毒」とは、
からだに悪さをする原因のプラーク(歯垢)の
元となる、口の中のバイ菌や食べかすを
指しているそうです。
そのバイ菌や食べかすを
しっかり洗い流して口の中を清潔に保つ
うがい方法が毒出しうがいです。

歯磨きをしても、間違ったうがいのやり方だと、
歯磨き粉や食べかすなどが口に残ってしまいます。
つまり、虫歯や歯周病の原因になってしまうんです。
では上手な毒出しうがいのやり方をご紹介します。
口に含んだ水を、クチュクチュとできるだけ
大きな音を立てながら、
上の歯⇒下の歯⇒右の歯⇒左の歯に
順番に10回ぶつけます。上下左右を各10回ずつです。
お食事の後や間食の後、甘い飲み物を飲んだ後
にも毒出しうがいを行うと効果的です。
飲み物だからいいやと思いがちですが、
甘い飲み物は歯の間に残り、口臭のもとにも
なります。

私も食事の後などすぐに歯磨きが
できない時にはうがいを必ずするように
していますので実践してみたいと思います。
皆さんも毒出しうがいでより良い口内環境を
整えてくださいね!

ウィルス対策にはガラガラうがい、
お顔の多くの筋肉を使うぶくぶくうがいは
リフトアップなどの美容効果も期待でき、
お顔の筋力が高いと高齢になった時に、
お食事の時に噛む、飲み込むなどの力のプラスに
なりますので合わせて取り入れてみましょう!

猫の乳歯

2020.1.31(金)

こんにちは。衛生士の會川です。
今年は暖冬と言われていますが、この頃は気温も低くく雨も多くてなんだかすっきりしない天気が続きますね😅
インフルエンザもあちらこちらで流行っているようですので、皆さん予防を欠かさずに気をつけましょう。特にウィルスは乾燥した空気を好むそうなので寝る時は加湿を心がけると良いですね!
さて、今回の題材は猫の乳歯について。
本来であれば立場上、人間の歯について触れるべきなのですがネタも段々尽きてきたしちょうどタイムリーな写真も撮れたので、たまには良いでしょう😀
我が家には7か月になる2匹の兄妹猫がいるのですが、ほんとに仲良しでやんちゃで毎日2匹で家中を走り回っています🐱🐱
我が家に初めて来た時は4か月か5か月くらいの時でしたので、まだ乳歯が生えていました。
以前飼っていた猫の乳歯も大切に保管しているので今回も床やカーペットに抜けた乳歯が落ちていないか注意しながら掃除したりして、何本か集めました。それはまるで宝物を見つけるような気分でした😁
もちろん全てを集める事は出来ませんでしたが5、6本くらいは集められました。(ただどっちの子の歯なのかはわかりません🤣)
そもそも猫は人間と違い、乳歯の横から永久歯が生えてきて乳歯を押し出す感じで抜けるそうなので、人間の子供のように歯抜けの状態にはならないので飼い主は生え変わりに気づくことすらない事もあるそうです。
それから一時期、子猫の口臭が酷かったのですがそれは生え変わりの時期によくある事だそうです。つまり猫の乳歯の特徴として乳歯と永久歯が重なって生えている時期があるので、そこに食べカスが溜まりやすくなり口臭の原因に繋がるようです。乳歯が抜ける事により食べカスが溜まる場所も少なくなるので口臭も自然に無くなるのです。
人間の子供もたまに口臭がある子がいます。
ですが生え変わりのせいではありません。
大体は口呼吸が要因です。鼻詰まりが起因する口呼吸や口周りの筋肉の緩みが起因する口呼吸などありますが、つまり口内が乾燥する事により口臭が酷くなるのです。
話が逸れましたが、我が家の猫はもう全て永久歯に生え変わり、口臭も段々回復されてきました。ただこれから歯周病予防にも気を遣わないといけないので、餌はドライ中心、置き餌をしないなど出来る限り努力はしていますが、歯磨きだけは上手くいきません。歯科衛生士として少し情けないです😞笑

2020年 初ブログ

2020.1.4(土)

こんにちは。助手の成田です。明けましておめでとうございます。
年末年始はお餅を頂く機会が多いと思いますが、年明けて最初の診療日には「お餅を食べた為に被せものや詰め物が取れた」という急患の方が多く来院されます。
被せものや詰め物は付け直す事ができる可能性があるのでお電話で事前にご連絡をいただければ取れた物も一緒にお持ちいただくようお伝えする事ができますが、直接来院された患者さんの中には家に置いて来てしまった、捨ててしまったという方も少なくはないので、わからない場合はご自身で判断せず取れた物を捨てずに一緒にお持ち下さいね。
また、飲み込んでしまった場合はほとんど体外に排出されると思いますが、不安であれば内科を受診し、レントゲンを撮影してもらいましょう。
ここで、気をつけて頂きたいのは一歯用などの小さい部分入れ歯の誤飲です。保険適用の部分入れ歯には必ず歯に引っかける金具がついています。その金具を飲み込んでしまうと胃の中で引っかかってしまい手術で取り除かなければいけないのです。処置が遅れてしまうと最悪の場合、死に至るくらい侮れない存在なのです。
私も以前に小さい部分入れ歯を飲み込んでしまいましたが、幸い胃には引っかからず体外に排出されました。
そういった危険性もあるため清沢歯科では、片側のみの小さい部分入れ歯はおすすめしていません。可能であればインプラントやブリッジが良いですが、両側を繋ぐ大きい部分入れ歯は口に入れた時の違和感を気にされる方が多いですが、清沢歯科では違和感を少しでも軽減出来るよう保険外の金属床での選択や入れ歯の調整など行っていますのでお気軽にご相談下さい。

インフルエンザの季節

2019.12.10(火)

こんにちは、助手の中家です。
今年は暖冬と言われるだけあって12月にも関わらず、暖房の効いた室内では暑いとすら感じます。(私だけでしょうか😅)

先日、娘と2人で初めて東京スカイツリーに登りました😊
平日なのに入場券を買う所まで、長蛇の列です。その列の大半は外国人の方でした。
スカイツリーのコースは2パターンで、展望デッキまでのコースと、展望デッキ+展望回廊(一番高い所)までのコースの二つです。
私はあまり高い場所は好きではありません。
それでも、せっかく来たのだから展望デッキまでなら行ってみようかなぁと好奇心半分で迷っていました‥が、忘れていました。
娘は小さい頃から高い所が大好きだった事を。
そして娘は、迷いもなく受付のお姉さんに「展望回廊行き2枚でお願いしま〜す♫」‥ということで、一番高い所から見物してまいりました。外側のガラス窓の方には怖くてあまり近づく事が出来ませんでしたが、気候が晴天でしたので遠くの方まで良く見る事が出来ました。
千葉方面や、神奈川方面が館内の柱番号で分かるようになっているんですね。とても素晴らしい景色が見れて、良い経験となりました。

話しは変わりますが今年は、10月頃からインフルエンザが流行しているらしく当院のスタッフにも風邪で体調を崩す人がいました。
特に喉風邪が流行っているらしく、病院には咳込んだ患者さんがたくさん来院されるそうです。季節の変わり目や、気温の上がり下がりが激しかったりと身体が追いつかないですね😅
インフルエンザや風邪の予防というと、「手洗い・うがい・マスク」が一般的ですが実は、口内ケアも予防に大きく関わっている事をご存知でしょうか。
口の中の細菌はインフルエンザウィルスを増殖させる手助けをするそうです。インフルエンザウィルスが持つ酵素の働きで増殖、拡散するのですが、なんと歯垢の中の細菌にもこの酵素を出すものがあるというのです。
なので、結果的に口内をきれいに保つ=インフルエンザ予防に繋がるという事ですね!
歯磨きはもちろん日常的にする事ですが、普段就寝前の歯磨きの時間が2〜3分と少し短い方はもう少しゆっくり丁寧に磨いてみましょう。
急に寒くなりましたので、皆さんも体調管理には充分気をつけてください。

秋の紅葉

2019.11.19(火)

受付の小島です。
今月の初めに紅葉を見に那須と日光に行ってきました。都心から2時間ちょっとと近いのに、空気は澄んでいて美味しく、紅葉は色鮮やかで癒されてきました。
そして先週は千葉で秋のバーベキューをやってきました。
雲ひとつない秋晴れで、子供達も大人もみんな一緒に運動したり、料理を作ったりととても楽しい一日を過ごしてきました。
那須も千葉も災害後初めて行ったのですが、まだまだ大変な地域もあるとは思いますが、私達が行った辺りは今まで通り整備されており安心しました。
いざという災害に備えて食料や水、防寒対策など色々と準備はされているとは思いますが、口腔内のケアについて準備されている方は意外に少ないかもしれません。
直接命には関わる事ではないかもしれませんが、避難生活が長引いでしまうと、やはり大事になってきます。
歯ブラシが出来ない状況においても、出来るだけお口の清潔につとめると良いそうです。
水や歯ブラシが無かった場合
ガーゼやタオルなど手指に巻いて、歯ブラシ代わりに歯の表面を擦ってふきとる。
お茶などで歯や歯茎をマッサージしながら汚れを拭き取る
爪楊枝やミシン糸など入手出来たら、歯と歯の間の汚れを除去する
口腔内の細菌を抑制し、清潔レベルを上げる事が大事なようです。
なかなか災害時にそこまで考えられないかとは思いますが、歯は悪くしてしまうと元には戻りません!
今は色々なものもあるようですので、普段から少し意識して見てみてはいかがでしょうか。

歯ブラシ

2019.10.27(日)

こんにちは。歯科助手の宮内です。
10月に入り、風が少し冷たくなってきましたね。季節の変わり目は風邪を引きやすいので皆さん、体調管理に注意しましょう。
さて、今回は私が少し気になっていた歯ブラシについて書こうと思います。
某メーカーからここ最近発売された、「力を入れすぎるとカチッと音がなる」という歯ブラシです!私は元々歯を磨く際につい力を入れて磨いてしまう事がありました。
なので、気になって実際に購入して使ってみたところ‥まず、強くしなるとカチッと音がなるのですが、毛先が少し開くまで強く力を入れないと音がなりません。私も普段、どちらかというと力を強く入れてしまう癖があったので、使ってみると意外にも自分がそこまで力を入れて磨いていない事がわかりました。
ただ、右の内側を磨く時にカチッと音がなってしまったので私は右内側を磨く時に力が入っていると言う事ですね。自分の普段の癖が目安としてわかるので良いアイディアだと思います。
ちなみに、これはあくまで私の好みなので参考にはならないと思いますが、毛の硬さは普通と表記されていましたが、個人的に硬い方だと感じました。毛先の形はまっすぐ切り揃えられています。私は毛先がまっすぐな物より極細毛の様な毛先が好みなので、リピート購入は今のところないかと思います。
これは個人の好みですね。それと毛の硬さの表記が一緒でもメーカーによっては違うという事もわかりました。今まで歯ブラシはあまりメーカーを変えた事がないので、今回は違う物を使う事により新たな発見が出来たかと思います。
今回試した歯ブラシはアイディアとしては良いと思いますので、気になる方は一度使用してみると良いかもしれませんね。

はじめまして

2019.10.14(月)


夏の始めから清沢歯科クリニックの
スタッフの一員になりました。
歯科助手の堀越です。
あっという間に季節は秋になり
ブログも担当させていただくことに
なりました。よろしくお願い致します!

今まで歯が痛いなと感じてから歯医者さんに
行っていただけの私ですが..
歯科助手という職業について定期検診を
ちゃんと受けることの大切さを実感しています。検診を受けている患者さまは
お口のトラブルがとても少ないなと感じました。
定期検診を受けていれば、もしもお口のトラブルにかかってしまっていたとしても、
早期発見・早期治療につながります。できるだけ削らない、できるだけ抜かない、
できるだけ天然歯を残すために定期検診はとても効果的です。

虫歯や歯周病は、ごく初期でない限り自然治癒することはなく
悪化していくばかりだそうです。歯医者さんは歯が痛くなってから行くという方が
ほとんどではないでしょうか。しかし、最近では病気にかかってしまってからの
「対処療法=治療」よりも、未然に防ぐ「予防」の意識が高まりつつあるそうです。
予防ために大切なのは、毎日の適切なセルフケアと歯科医院での徹底的なケアが必要
です。この2つを積極的に実践し、虫歯や歯周病ができる前に予防することは、
健康寿命をのばすことはもちろん、将来的に金銭面においても負担が軽くなります。

余談ではありますが...我が家の愛犬は小さな頃から歯磨きを嫌がり続け適切なケアを
してあげられなかったので還暦を迎え歯がボロボロになってしまいました。
床に歯が落ちていた時はびっくりしました。犬もお口にトラブルがあると様々な病気の原因になるそうです。おやつを見せれば喜んで走ってくるのに歯ブラシは見せると
逃げていきます。歯が何本残っているかはわかりませんがご飯を美味しく食べれるようにいまからできる予防やケアをしてあげたいと思います。

みなさまの歯の健康を守るためにも、定期的な健診をおすすめしております。

すっかり秋ですね

2019.9.23(月)

こんにちは、衛生士の會川です。
先日患者さんがメタルバンドのTシャツを着ていて、私もメタルが大好きなので思わず話しかけちゃいました!そういう方は滅多にお目にかからないので笑
メタルといえばフィンランドです!フィンランドの空港ではメタルがBGMで流れているとか笑
私の好きなバンドもフィンランド出身です!
そんなフィンランドを題材に少し真面目なお話。
フィンランドでは、キシリトールやフッ素を活用した虫歯予防を国全体で行い、むし歯予防先進国として知られています。
実際、現在のフィンランドの一人平均虫歯の本数は1.2本で、日本の3分の1だそうです。
しかし、1975年のフィンランドでは子どもの虫歯の数が一人平均7本なのに対し、日本では5本。フィンランドの子どもの方が虫歯が多かったのです。その頃のフィンランドは国民があまり裕福でなかったため子ども達の歯科治療を行う保険費用は莫大で、試算してみると、予防に支払うお金の方が治療に払うお金より大幅に少ないことがわかったそうです。
そこで国は歯科大学を増設し、歯科医師を増やしてフィンランド国民への教育を行いました。そして、歯科医院において親子での定期検診を実施しました。また、妊娠初期から子どもの虫歯を防ぐために母親への教育を始めたり「金曜日にキャンディーを買って日曜日までに食べ切り、平日は甘いものを我慢する」という虫歯予防を応援する運動を、政府が行っていました。
現在歯科大学の学生の90%が、予防処置を中心とする女性だそうで、“虫歯が多い子どもは家で虐待を受けている可能性がある”ということで、調査員が家庭に入ることもあるそう。
現在、日本の歯科界ではようやく歯科医院で虫歯を予防するという認識が増えています。
しかし、いくら衛生指導をして予防処置を推奨したところで受ける側の患者さんがやる気にならなければ意味がありません。
毎月、衛生指導をさせていただいていますが「毎度毎度うるさいなぁ〜」って思われる方もいると思います。ですが、私としては同じ事を何回言っても届かない時は非常に残念に思います。反対に、指導した言葉をしっかり聞いて下さり、それが反映された時はとても嬉しいです。
私も伝える側としてまだまだ未熟ですが、一日でも早く患者さんの治療が終了できるようお手伝いしていきますので、どうかちらっと耳を傾けて頂ければ幸いです笑

歯周病について

2019.9.1(日)

こんにちは、歯科助手の成田です。

今回は歯周病について少し説明します。
歯周病はかつて「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていた病気で、実は歯を失う第一位の原因となっています。
日本人の成人約8割は、歯周病にかかっているそうです。
歯周病を起こす直接の原因は、歯周病細菌です。歯周病細菌は生まれたばかりの赤ちゃんにはいません。生活していくうちに家族などの身近な人から唾液を介して歯周病細菌をもらっていきます。ですから、お母さんの口に入れたスプーンを赤ちゃんの口に入れるのは御法度です。ペットからもらう場合もあると言われています。
歯周病は進行性の病気です。しかも相当進行するまで自覚症状があまり出ないため、気がついた頃には手遅れになっていることも珍しくありません。
歯周病は歯を失う怖い病気です。でも、もっと怖いのは体のあらゆる病気を引き起こす危険性があるところです。歯周病細菌は血管内に入ると、血流に乗って全身を周り、体の至る所で病気を起こすことが明らかになってきています。また、呼吸器や消化器の方に入り、病気を起こすこともわかってきています。

いつまでも美味しい食事をするためにも歯はとても大事ですので、口内環境を整えて健康な身体を保ちましょう。
 
ページの先頭へ

診療内容

  • 一般診療
  • インプラント
  • 院長のインプラントへのこだわり
  • 審美歯科
  • 特殊義歯
  • レーザー治療
  • 訪問歯科

衛生管理

  • 徹底した衛生管理
  • ハンドピース・ドリル類の滅菌方法
OAM先進インプラント認定医院
院長 研修歴・認定証・修了証一覧
院長ブログ
スタッフブログ

診療時間のご案内

9:30〜12:00/13:30〜21:00 ※土曜午後は17:00まで 休診日:木・日・祝日 平日夜9時まで診療 初診・急患随時受付
TEL 048-998-2048

メディア掲載のお知らせ

「日本の歯科100選」

「日本の歯科100選」に当クリニックが紹介されています。

著者:日本医院開業コンサルタント協会
監修:朝波惣一郎(国際医療福祉大学 歯科口腔外科教授)


衛生管理

当クリニックの万全な衛生管理体制がフジテレビの「情報プレゼンターとくダネ!」で紹介されました。

名医認定証

日本インプラントセンター名医認定証    

日本インプラントセンター

日本審美歯科センター名医認定証    

日本審美歯科センター


当院へのアクセス

〒340-0801 埼玉県八潮市八條1868-5

広瀬病院通りぞい
八潮団地バスロータリーそば

TEL / 048-998-2048
FAX / 048-998-2034

バスでお越しの場合

八潮団地バス停留所・徒歩5分
八潮団地バス停留所・北公園入口・徒歩1分

お車でお越しの場合

広瀬病院から1分 駐車場完備(15台駐車可能)

当院の地図はこちら

当院ではクレジットカード決済がご利用いただけます(VISA、MASTER、NICOS、UFJ)