スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ

雨☂

2019.7.14(日)

今日も朝から雨ですね…。
梅雨の時期なので雨が降らなければ困るのですが、ここまで日照時間が少ない日が続くと気持ちまでどんよりとしてきます。
大量の洗濯物は乾かないし、野菜好きの我が家にとってはこのあとに来るお野菜の高騰も深刻な問題です…。
子供達の大好きなお祭りも小雨の中でした。
そんな雨続きの中、先日、親族が集まってお寺に行く行事があり、その日も朝から土砂降り(台風接近中もあり)で、横なぶりな雨に一同ずぶ濡れになっておりました。
昔から私の行事のたびに雨(嵐?)が降るので、もちろんその日も親戚中から「やっぱりなぁ〜」と言われておりました。
ただその後のお坊さんの話の中で「恵みの雨」「雨降って地固まる」などの表現や"吹き込む"転じて"富貴込む"など、昔から雨はとても縁起が良いとされているというお話がありました。
確かに、雨が降っていると毎日忙しい家事をお休みして身体を休めたり、いつもと違う自分の時間を持てたり。
今月末には例年通り梅雨明けも予報されているので、またカンカン照りの暑い夏がやって来ます。それまでもう少し、雨の時間を楽しむようにしたいなぁと思います。
話は変わりますが、前回の私のブログで書きましたホワイトニングですが、3ヶ月が過ぎて、最近周りの方々から「歯が白い!」と言われる事が多くなりました。
毎日見ているので自分ではそこまで変化を感じないのですが、以前ほど着色を気にしなくなったなぁと思います。
コーヒー&紅茶、カレーなど色の強い物も食べるので、以前は頻繁に着色が気になり歯のクリーニングをお願いしていました。
ホワイトニングを始めてから、歯磨き粉も変え「汚れを落とす」タイプの物から「汚れをつきにくくする」予防タイプの物に変えて使っています。
歯ブラシも歯磨き粉も本当に色々なタイプの物が沢山あって、なんとなくいつもと同じ物を買って使っている方も多いのではないかと思います。私も以前はそうでした…。
自分が何を求めているのか、自分に合った物はどのタイプの物なのか少し考えてから選んみると良いと思います。
先日LOFTに行った時、あまりの種類の歯磨き粉の多さに驚きました。
自分ではよく分からないと思う方は月に1度行っている衛生士のブラッシング指導の時にでもどのタイプが自分に合っているのか聞いてみて下さい。

二次カリエス

2019.6.30(日)

こんにちは。歯科助手の宮内です。

梅雨が本格的に始まって、雨の日が多くなってきましたね。
主婦にとっては雨が続くと洗濯物が外に干せないので、本当に困ります。。
貴重な晴れ間を逃さないよう天気予報のチェックが欠かせない今日この頃です。

話は変わりまして、皆さん「二次カリエス」をご存じでしょうか。

「二次カリエス」とは、一度治療した歯が虫歯になってしまうことを指します。
一度治療した歯は、虫歯にならないと思われがちです。
しかし実際は治療済みの歯こそ虫歯のリスクが高く、数値で表すと再治療の確率は7、8割というデータもあります。

原因としては、虫歯を治療するために、詰め物や被せものをし、しっかりガードをします。しかし、年数が経つにつれて、素材によっては劣化してしまうケースもあり、その際にできた隙間に歯垢や食べかすが入って虫歯が再発してしまうのです。

そのため、治療を終えても安心せず、日々のケアが大変重要です。
また、人によっては加齢とともに歯の根本部分が見えるようになります。これは、噛み合わせが悪く力が上手く分散されていないことや、歯ブラシの際に力を込めすぎていることが原因です。
歯の根本は歯の上部のエナメル質より柔らかく、リスク部位ですので新しい虫歯の予防、再発の防止のためにも、丁寧な歯ブラシやフロスがお勧めです!

また、6ヶ月に一度の定期検診によって、虫歯の有無、歯周病チェックができ、それによって生活習慣や歯ブラシの見直しが出来るので、歯医者さんが苦手な方でも是非、お気軽にご来院下さい。

スッキリ綺麗な歯で、ジメジメする梅雨に負けず頑張りましょう!

梅雨ですね〜

2019.6.17(月)

こんにちは、歯科助手兼受付の今井です。

早いもので、今年も半年が経とうとしています。
ちょうど今の時季は、街のいたる所で綺麗なアジサイの花が見られますね。写真は、犬の散歩中に撮った近所の小学校のアジサイです。

アジサイは、すべての種類がそうではないのですが、植えられている土の状態で、花の色が決まるそうです。
昔、学生の時に習ったリトマス試験紙とは逆で、土が酸性だと花の色が青く、アルカリ性だと赤くなるとのことです。
私は、写真のような青〜紫くらいの色が好みなので、もし自分の家で育てるのであれば、土を酸性に保つ必要がありますね。

しかし!口の中は酸性ではいけません。
『酸蝕症(酸蝕歯)』という言葉を聞いたことがありますか。
酸性が強い物を食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶けだしてしまうリスクがあります。歯のエナメル質から、リン酸カルシウムの結晶が溶けだしてしまう症状です。虫歯や歯周病に続いて、歯を失う原因のひとつでもあるので、注意が必要です。

酸蝕症をひき起こす危険性のある食べ物や飲み物は、私たちの周りに沢山あります。その例が、炭酸飲料や果汁飲料などの酸性飲料です。これらの飲み物をよく飲んでいる人は、酸蝕症の危険があるということになります。逆に、牛乳や麦茶などは、リスクはほとんどないとのことです。

ヘルシーなイメージのある黒酢も、酸性が強いので、気を付けなければなりません。
食べ物の例のひとつは、柑橘系の果物です。レモン・グレープフルーツ・オレンジなど、いずれも酸蝕歯になってしまうリスクが高いのです。
酢を使ったドレッシングも酸性なので、健康の為に野菜サラダを多く摂っても、ドレッシングの使い過ぎには注意です。

一般的に、飲食をすると、3分後には口内のプラーク(歯垢)内部やプラークが付いている歯の表面が酸性化し、歯の表面が柔らかくなって傷つきやすくなります。そこで、酸を中和する働きをもつ唾液が分泌され、口内を中性に近づけるように働きかけ、人間の口内のpHは、中性に保たれる仕組みになっているのです。
ですから、歯磨きは食べてすぐではなく、30分ほど経ってからが良いのです。
ちなみに、口内がアルカリ性に傾いたとしても、プラークが歯石化するという程度です。歯石は歯科医院で取り除ける為、それほどデメリットないということです。
歯石が付いてしまったら、ぜひ清沢歯科クリニックにお越しくださいね(^o^)丿

夢の中

2019.6.3(月)

こんにちは、衛生士の會川です。
まだ6月なのに夏の訪れをじわじわと感じ始めて早くも心が折れそうです。何せ暑いのと虫が大嫌いなので夏は私にとって本当に過ごしにくいのです。と、夏に対する愚痴をこぼしてしまいました。
暑いとなかなか寝付けないのも悩みどころですね💦
ところで私は寝てるとよく夢を見るのですが、日によって現実的な夢とありえないシチュエーションの夢と色々見ます。
現実的な夢というのは例えば、寝坊して仕事に遅刻する夢だったり、仕事で清沢先生に怒られる夢もたまに見ます(笑)
リアルすぎて起きた時にドキドキする事があります(o_o)
嬉しい夢もたまに見ます。先日は死んでしまった飼い猫が夢に出てきてくれてほっこりした気分になりました^_^
あとはこの間何故か25000円を貰う夢を見ました(笑)こういう夢は起きてからガッカリしますね(^^;
まぁだいたいは訳の分からない夢がほとんどです。ただ、夢って時々自分が寝ている時に現実に起きている状況と夢の中の内容が繋がっている気がします。
例えば寝ていて身体はトイレに行きたいのに脳は眠った状態だから夢の中で何回もトイレに行くのにスッキリしない‥みたいな状態ってありませんか?
私は先日夢の中で耳元で工事現場のおじさんが一生懸命道路を機械で掘っていてずーっとガガガガガガって鳴っていてうるさーい!って思って目を覚ましたら真横で旦那さんが大イビキをかいていた‥なんてことがありました。
さて、ここからが本題です。私はよく歯が抜け落ちる夢をよく見ます。幸い私は現実ではまだ欠損歯がないのですが、歯がボロボロ抜け落ちる夢って本当にリアルで怖くてハッ!として起きて歯がある事を確認すると安心します。
夢占いにも歯が抜ける夢の事は色々書いてありますが、「歯ぎしりや食いしばりがある人」はそういった夢を見やすいという説に一番納得できます。現に私は歯ぎしりの自覚はありますしそういう夢を見た時はよっぽど強く歯ぎしりしたんだなぁと思っています。
長くなってしまいましたが、自覚が無い方はもし歯が抜ける夢を見たら歯ぎしりしてるかも!と思った方がいいかもしれませんねZzz(~皿~)

ブラッシングについて

2019.5.20(月)

こんにちは、歯科助手の成田です。

今回は、歯の磨き方(ブラッシング)について説明します。
口腔内を清潔に保ち、歯科疾患を予防する為に、ブラッシングは欠かせないものです。
しかし、不適切なブラッシングや不良な歯ブラシの使用、歯磨き剤の過度な使用を続けていると、清掃効果が減少するばかりでなく、歯や口腔の軟組織に害を及ぼすことがあります。

また、ブラッシングに熱心なあまり、つい力が入りすぎて歯肉を傷つけることも多いです。
しかし、このような現象は、専門家に注意されるまで気が付かないことがあります。歯ブラシのみでブラッシングを行っている場合、歯の表面そのものにキズを与えることは少なく、キズを与えるとすれば、歯磨き剤を併用した場合によります。
歯磨き剤による影響は、研磨効果の高い物や、1回に使用する量が多い時に表れます。
乱暴なブラッシングを行ったり、不必要な力を加えたり、毛先が広がったり傷んだ歯ブラシを使用したりすると、歯肉の退縮が起こりやすいのです。
また、エナメル質などの歯の表面を薄くしてしまいます。

いつまでも美しい歯を保つ為にも、毎日のブラッシングと口の中の清潔に気を付けてくださいね。

令和元年

2019.5.6(月)

令和に元号が変わって最初のブログを担当します榎本です。

毎日 暑かったり涼しかったり不安定なお天気が続いた
10連休の長いゴールデンウィークも終わりますが皆様はどこかに行きましたか?

私は小学生と幼稚園の孫を連れて沖縄旅行へ行ってきました。
ゴールデンウィークなので道が混むとは予想していましたが
やはり三郷インターから渋滞マーク😱
羽田空港まで2時間かかりました。
沖縄についても渋滞は変わらず
観光するには忍耐が必要でした。あまりの混雑に美ら海水族館は諦めました😭

でも海でシュノーケルをしたり
やんばるの森を探検したり
孫達は楽しんでいたので良かったです😃
ただ 背中や顔が真っ赤に日焼けしてしまったので帰ってきてから
痛い痛いと言いながらお風呂に入っていました。

旅行では食事も楽しみの1つですが旅先ではちょこちょこ何かを食べているわりに
歯磨きはおろそかになりがちです。
朝晩はしっかり歯磨きしても出先でではなかなか出来ない時があるのでフロスや歯間ブラシを
携帯するようにしているのですが 今回歯間ブラシを忘れてしまいとても口の中が不快でした。
薬局などで購入できますが細いタイプのものばかりで
私は インプラントを入れているので 清沢歯科にある
Tepeのイエローやグリーンのサイズの歯間ブラシが良いのですが見つからず大変困ってしまいました。
サイズの合っていない歯間ブラシでは綺麗にならず無意味なので皆さんも自分のサイズに合った歯ブラシや歯間ブラシを使って下さい。
サイズがわからない時は遠慮なく清沢先生や衛生士にご相談下さい。
お出掛けの際も歯ブラシや歯間ブラシを忘れないで下さいね。

令和元年となりましたので綺麗な歯でこれからも過ごせますよう半年に一度は定期検診を受診するように心掛けましょう。

清沢歯科スタッフ一同お待ちしております。

歯の役割

2019.4.25(木)

こんにちは、助手の中家です。

桜の花もいつしか過ぎて、
青葉 若葉の爽やかな季節になってきましたね。

先週の土曜日もまさに春の陽気でした。
風もとても心地よくて、八潮から越谷に帰る道のりは車の窓、全開で帰って来ました😊

家に着いても、中にいるのがもったいなくて、ずっと使ってなかった自転車を出して、
ワックスまで持ち出し磨きました。
次の日の日曜日も気持ちよく晴れてくれたので、せっかく自転車をピカピカにしたので
キャンベルタウン野鳥の森まで、主人とサイクリングしました。自転車で30分位のところにあるので丁度いい距離です。

ここは色々な鳥が巨大なバードケージ内に、放し飼いしている施設がメインです。
鳥だけではなく、ベネットアカクビワラビーやエミューもいます。
写真はカラフルなキンショウジョウインコです。
首をかしげる表情がとても可愛いかったですよ。

話は変わり、歯の役割についてすこし話します。
歯は私たちの健康な暮らしに欠かす事は出来ません。
食べる事以外にも大切な役割があります。
歯は私たちの健康と深くかかわっています。
歯や歯肉が健康で物が良く噛めれば胃や腸に負担をかけずに全身に栄養をいきわたらせる事が出来ます。
また会話がスムーズに出来るのも、歯が揃っていてハッキリと発音ができるお陰です。
この他、歯ざわりや歯ごたえを楽しみ、味覚を豊かに保つ、美しい表情を作るなど歯の働きはさまざまで、しかも健康的な生活をする上で欠かせないものばかりです。

歯はたった一本失われても、正常な働きが出来ません。
例えば大臼歯(奥歯)が一本無くなっただけで、物を噛み砕く能率が40%も低下すると言われています。消化器官に負担がかかり栄養の吸収が悪くなると言う悪循環が生まれます。
また上の前歯が抜けるとサ行、奥歯が抜けるとハ行、ラ行が発音しにくくなって言葉が不明瞭になったり、顔の輪郭が変わって表情が老けて見えたりします。
この様に健康な歯は健康な身体を支え、私たちに快適な暮らしをもたらします。
いつまでも快適な暮らしが続くように、正しいケアをし大切な歯を守りましょう。

もうすぐゴールデンウィークの長いお休みに入りますね。
たくさん楽しんで、たくさん美味しい物を食べて、その後はしっかり歯磨きして下さいね☺

ホワイトニング

2019.4.18(木)

こんにちは、受付の小島です。
やっと寒さから解放されて暖かくなってきたなぁと思っていたらダウンを着るくらいの冬の寒さが戻って来たり…そして今日の日中は汗ばむくらいの初夏の陽気。
春は日々の気温差が激しいので体調管理が難しい時期ですね。
また花粉も多く飛んでいるので、花粉症の方には憂鬱な時期かもしれません。
個人的に私は、春生まれなので4月が大好きです!
若い頃は誕生日に自分へのご褒美として、アクセサリーやバッグなど身につける物を買っていた時期もありましたが、40代にもなると「物」よりも「身体のメンテナンス?(健康診断など)」に関心を持つように。
今年は歯の「ホワイトニング」を始めてみました。
日本人の歯の色の平均はシェードガードと呼ばれる器具を使って測定すると「A3〜A3.5」だそうです。人から見て歯が白いと感じるのはA1以上だそうで、日本人は白人や黒人に比べて歯が黄色いそうです。人の歯の色は産まれつきの歯の質もありますが、加齢や生活習慣によっても大きく変わるそうです。
又、歯磨きや歯のクリーニング不足により、ついた汚れをしっかり落としきれていない事も原因になります。
欧米人に比べて、クリーニングやデンタルケアに対する意識が低いと言われる日本人…。
歯が痛くなったから、虫歯があるから歯医者へ行くというだけでなく、美容院へ行く、ネイルサロンへ行くと同じ感覚で定期的に検診やクリーニングを受ける事も大切だと思います。
歯は一生使う物。キラキラ光るアクセサリーをつけるのも素敵ですが、クリーニングやホワイトニングも取り入れて白く光る歯を手に入れてみるのはいかがでしょうか。

『春‼️新生活スタート‼️』

2019.4.8(月)

こんにちは、清沢歯科医院、歯科助手の宮内です。
寒い冬を越えて桜がほころぶ春がやってきました。
待ちわびていた暖かな陽気に美しい桜。
春は、何度巡ってきても良いものですね。

また、4月といえば、新生活のスタート。
入園、入学、進級、新社会人など様々な節目の時期でもあります。

まずは、子供たちの歯にフォーカスを当てようと思います。
生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内は無菌状態で産まれてくるそうです。ということは、やはり外部からの影響が、虫歯の原因になる、ということです。

例を挙げると離乳食が始まってからありがちなのが、両親、おじいちゃん、おばあちゃんの使用したスプーンなどをそのまま使用したり、一度口に含んだものを子供に与える行為などによって虫歯菌や、歯周病菌が子供へとうつる事もあるそうです。
日頃、気をつけていても不意にしてしまう事があるかもしれません。

その為にも子供の歯は、親御さんがしっかりと管理をしてあげなくてはいけません。
「歯磨きしなさい‼️」と歯ブラシを渡しても、年齢にもよりますが、適当にガチャガチャしたり、噛んでるだけで磨けていないのです。
必ず親御さんが、仕上げ磨きと、糸ようじをしてあげることで、虫歯のリスクは大幅に減少します。
また、甘いおやつや、ジュースの与え過ぎにも要注意です
まずは、ご自身が歯に対する意識レベルアップすることで子供たちの綺麗な歯を守ってあげて下さい。

次にフォーカスを当てるのは「新社会人」です。
社会人になると人と接する上で清潔感がとても重要になってきます。

シャツのシワや靴の汚れなどに気を使うのも大切ですが、歯の黄ばみや口臭も自身のイメージに大きく影響を与えます。

自分の知らぬ間に相手に不快な思いをさせていたらビジネスをしていく上で相当な痛手となってしまいます。その為にも日頃の口臭ケアをし、自信を持って人と接することができるように準備しておくのもいいですね。

また、ホワイトニングもおすすめです。
歯のトーンが明るくなる事で、清潔感と好印象を与えることができます。
是非、この機会に挑戦してみてはいかがでしょか?


5月からは元号も変わり「令
和」へと時代が移り変わります。

歯は、一生ものです。失ったらもう二度とその歯が戻ってくることはありません。

歯を守るためにも、1本、1本大切にケアしてあげましょう‼️

平成最後

2019.3.31(日)

こんにちは、歯科助手兼受付の今井です。

昼と夜の気温差が激しいですが、日中は暖かくてとても過ごしやすくなってきましたね。

明日には新しい元号が発表されます。
昭和生まれの私にとっては、昭和=古いというイメージがより強くなり、少々複雑な気分であります。

これからの時期は、人間だけでなく、犬達(飼い主?)にとっても少し忙しくなります。
春は、狂犬病の集団予防接種をする自治体も多いと思います。注射だけでなく、暖かくなって虫が発生すると、フィラリア予防の薬・ノミやマダニ予防の薬を貰いに病院に行ったりと、忙しいというよりも、飼い主にとっては痛い出費も続きます(T_T)。

多分これらの予防は、多くの飼い主さんが気を付けていることと思いますが、犬の歯周病についても気を付けていただきたいと思います。

ある記事の抜粋ですが、犬や猫も、人間と同じように歯周病になるとのことです。
歯周病の初期症状としてあげられるのが、強い口臭や歯肉からの出血です。
愛犬を抱っこしようとしたら、「口が臭いっ!」(失礼)と思ったことはありませんか?それは、歯石が出来ているからかもしれません。

『歯垢』とは、歯に存在する細菌のことです。食べかすに細菌が集まって出来るもののことです。歯垢は、唾液などによって歯に付着し、口腔内で分解された糖分や、食べ物から摂取できる糖分を種にして、どんどん増殖していくのが特徴です。そして、3〜5日ほどで歯石へと変化してしまいます。

『歯石』とは、増殖していく歯垢をそのまま放置し、それがミネラル物質と固まって出来たものです。歯石が付着した表面にさらに歯垢が付くと、これらがまた歯石を作って硬化していきます。

歯垢と歯石の最大の違いは、通常の歯磨きで落とせるか落とせないかということです。
歯垢の段階では歯磨きによって除去出来るものの、一度歯石として固まってしまうと、通常の歯磨きでは落とすことが難しくなってしまうのです。

ワンコだけではく、飼い主さんも、先ほどの歯周病の症状があれば、病院でスケーラーという器具で除去してもらってください。
ワンコの場合、歯石除去スプレーという物があるようです。即効性はないものの、ワンコが痛みや恐怖を感じにくく、身体に負担をかけずに除去出来るのが最大のメリットです。
歯医者が苦手な人がほとんどだと思いますので、スプレーするだけで歯石除去や虫歯が治るような物が人間用にも出来ると良いですね。そうなると、歯科医院の仕事が減ってしまいますが・・・。

一般的に、どの犬種でも歯石は付きますが、なかでも小型犬や、マズルが小さかったり細かったりする犬種、歯並びがアンダーショット(受け口)の犬種はより付着しやすいようです。
我が家のワンコはアンダーではなくオーバーショットですが、小型犬でマズルが細いので、歯石が付きやすいかもしれません。
写真は、あひる口型の口輪をはめています。爪切りなどの時に、嫌がってガルルルルーと嚙みつかれそうになるので、その時だけあひる口をはめています。

ワンコも人間と同じように歯が大事なので、ぜひ歯磨きなどの口腔内のケアをしっかりしてあげてくださいね。
 
ページの先頭へ

診療内容

  • 一般診療
  • インプラント
  • 院長のインプラントへのこだわり
  • 審美歯科
  • 特殊義歯
  • レーザー治療
  • 訪問歯科

衛生管理

  • 徹底した衛生管理
  • ハンドピース・ドリル類の滅菌方法
OAM先進インプラント認定医院
院長 研修歴・認定証・修了証一覧
院長ブログ
スタッフブログ

診療時間のご案内

9:30〜12:00/13:30〜21:00 ※土曜午後は17:00まで 休診日:木・日・祝日 平日夜9時まで診療 初診・急患随時受付
TEL 048-998-2048

メディア掲載のお知らせ

「日本の歯科100選」

「日本の歯科100選」に当クリニックが紹介されています。

著者:日本医院開業コンサルタント協会
監修:朝波惣一郎(国際医療福祉大学 歯科口腔外科教授)


衛生管理

当クリニックの万全な衛生管理体制がフジテレビの「情報プレゼンターとくダネ!」で紹介されました。

名医認定証

日本インプラントセンター名医認定証    

日本インプラントセンター

日本審美歯科センター名医認定証    

日本審美歯科センター


当院へのアクセス

〒340-0801 埼玉県八潮市八條1868-5

広瀬病院通りぞい
八潮団地バスロータリーそば

TEL / 048-998-2048
FAX / 048-998-2034

バスでお越しの場合

八潮団地バス停留所・徒歩5分
八潮団地バス停留所・北公園入口・徒歩1分

お車でお越しの場合

広瀬病院から1分 駐車場完備(15台駐車可能)

当院の地図はこちら

当院ではクレジットカード決済がご利用いただけます(VISA、MASTER、NICOS、UFJ)