ブログ

ホーム > ブログ

国産インプラントメーカーのプラントンのエイトローブプロシステムを導入しました。

2018.10.14(日)

国産のインプラントメーカーであるプラトンジャパンのエイトローブプロインプラントシステムを導入しました。
日本人向けに開発されたインプラントです。

当クリニックでは、プラトンのミニインプラントはすでに導入しておりましたが、これは下顎のインプラント義歯適用で、骨の軟らかい上顎では脱落することがあり適用できないことがありました。
比較的安価なインプラント義歯を希望される患者さんが多いため、今回、全てのインプラント体にマグネットアタッチメント装着できる国産メーカーであるプラトンのエイトローブプロシステムフルキットを購入しました。

当歯科クリニックでは磁性アタッチメントを使用したインプラント義歯の症例は数多く行っておりますが、当クリニックでマグネットが装着できるインプラントメーカーはスイス製のストローマン社とスエーデン製のノーベルバイオケア社そしてアメリカ製のジンマー社のスイスプラスを使用しておりました。

ストローマン社とジンマー社のマグネットが装着できるインプラント体は、1回法のものなので総義歯の場合は1回法ではインプラント体のヘッドが歯肉から露出するため、インプラントがオッセオインテグレーションするまでに外力が加わりやすく、脱落の危険がありました。
それを防ぐためストローマン社製とジンマー社製のインプラントの1回法のインプラント体を使用する場合には、インプラントを深く埋入した2回法を行い、インテグレーションするまでに外力がかからないようにしておりました。
それでも1回法のインプラント体はヘッドが飛び出しているので、どうしても歯肉を閉じてもインプラントのヘッドの分、埋入部位の歯肉が豊驍オてしまい、埋入後に義歯の外力が加わらないようにどうしても義歯内面を大きくくり抜かなければなりません。
そのため、暫間的に使用する義歯の安定が悪くなってしまいます。

2回法のインプラントであるノーベルバイオケア社では、ヘッドが飛び出ないのでそのようなことはありませんが、マグネットの既製のキーパーがあるのは、ノーベルリプレイスの直径4.3mmのものなので骨の幅が狭いケースでは、使用できません。
直径4.3mmとなると日本人の骨格では、ほとんど奥歯の大臼歯部にしか適用できません。
外国製のインプラントは、日本人の細い骨格には向かないものが多いのです。
ジンマー社のスイスプラスは直径3.7mmで日本人には使用しやすい直径ですが、上記の通り1回法のインプラント体です。
同社の2回法のスクリューベントも3.7mmがありますが、既製のマグネットは愛知製鋼では製作しておりません。

今回導入した国産インプラントメーカーのプラトン社のエイトローブプロは、2回法インプラント体で直径が3.5mmと4.1mmそして4.7mmの3種類があります。
直径3.5mmのインプラント体は、骨の幅が狭い日本人にとっては、丁度都合の良い太さです。
また、インプラント長径も直径4.1mmと4.7mmのものは、6.5mmのショートインプラントもあります。
6.5mmのインプラント体は、下顎では下顎神経との距離が近いケースでも適用可能で、上顎においては大臼歯部での上顎洞までの骨の深さがあまりないケースでも、6.5mmの深さの骨があればソケットリフトやサイナスリフトなどの骨造成を回避してインプラント埋入を行うことが可能です。
そして全てのインプラント体に愛知製鋼のマグネットを装着することができます。

この日本人向けに開発されたプラトン社のエイトローブプロシステムを使用すれば、GBRや上顎洞挙上術などの骨造成を回避してインプラントを埋入する適用範囲が広がるので、インプラント義歯のみならずインプラントブリッジにも応用していきたいと思います。

〈当クリニック導入インプラントメーカー〉
●ストローマン社 
1回法 スタンダードプラス SLA 及び SLActive
   テーパードエフェクト SLA 及び SLActive
2回法 BLT SLA 及び SLActive

●ジンマー社
1回法 スイスプラス
2回法 スクリューベント

●ノーベルバイオケア社
2回法 ノーベルリプレイス

●プラトン社
1回法 マグフィットMIP
2回法 エイトローブプロ

日本口腔インプラント学会学術大会2日目

2018.9.16(日)

第48回日本口腔インプラント学会学術大会2日目 本日も大阪国際会議場にて出席して参りました。

9月16日(日)の講演内容
〈傾斜埋入を伴う少数インプラントによる全顎的即時荷重治療〉
下尾嘉昭先生
ユニバーサルインプラント研究所

全顎欠損症例においては、上顎では6〜8本、下顎では6本のインプラント体が必要とされていますが、MALO CLINICでは、後方2本を傾斜させ4本のインプラント体のみで全顎的に即時荷重を行うことを開発しました。
いわゆるALL-on-4です。
この方法は、多くの症例において良好な結果をこのクリニックで得ているようですが、様々な反対意見もあることは事実です。
ただ単に4本のインプラント体を使用して後方2本を傾斜埋入させれば、どのインプラントシステムでも良好な結果得られるとは限りません。
成功するには、術前の診査・診断から外科術式と補綴装置の製作方法、メインテナンスと全ての工程を的確に行うことが重要です。
この方法のプロトコールを解説し、ディスカッションを行った講演でした。

〈20年間の歯顎即時荷重インプラント経験から得た無歯顎のガイドライン〉
堀内克啓先生
岩手医科大学歯学部補綴インプラント科

無歯顎患者のインプラント治療においては、遅延荷重を行った場合には治療中の暫間補綴に苦慮します。
治療期間中の可撤性義歯による粘膜を介しての負荷によるディスインテグレーションや治療期間の長期化の問題があり、その解決策として即時荷重が下顎ではオトガイ孔間で行われるようになりました。
またその後、ALL-on-4による即時荷重が行われるようになりましたが、そのような症例にどの治療計画が適しているのかのガイドラインはなく、失敗に終わるケースも少なくないようです。
講演は即時荷重の成功のポイントと失敗例から得た教訓を基にしたインプラント即時荷重への警鐘と予知性の高い治療法についての考察でした。

〈全顎的即時荷重インプラント補綴は無歯顎症例に対する標準治療といえるのか?〉
細川隆司先生
九州歯科大学付属病院口腔インプラント科

無歯顎症例においては、少数の4本から6本のインプラントをできるだけ骨造成や骨移植をせずに傾斜埋入などと組み合わせて埋入して、プロビジョナルのボーンアンカードブリッジを装着して即時荷重をかける治療方式であるALL-on4が提唱される一方で、より本数を多く埋入で上部構造を製作する方法や骨造成をして傾斜埋入を避ける方法、即時荷重はリスクがあるため2回法での通常荷重を推奨する考え方も根強く残っております。
従って無歯顎の患者におけるボーンアンカードブリッジの治療法については、明確な標準治療は確立されておりません。
本講演では九州大学付属病院口腔インプラント科における、無歯顎患者の少数のインプラント体を骨移植なしに埋入し、即時荷重をかける治療方式である全顎的即時荷重インプラント補綴(ALL-on4)の適用が標準治療として位置づけできるのかの議論でした。

〈口腔内スキャナーで変わる歯科治療〉
上村江美先生
昭和大学歯学部歯科補綴学講座

デジタルデンティストリーが進化し、特に口腔内スキャナーの進歩はめざましくなっています。
口腔内スキャナーによる光学印象はシリコーン印象剤を用いた材料を介在した3次元的形態の転写の必要がないため、従来の印象剤を使用した方法と比較して制度や再現性に優れているメリットがあります。
インプラント治療においても口腔内スキャナーやコンビームCT撮影によって得られるデジタル化された3次元形態データはCADソフトで統合されてインプラント埋入シュミレーションやサージカルガイドの製作そして上部構造のデザインなどに活用されています。
従来のワークフローでは必須であった印象採得や石膏模型製作は不要となって、プランニングと上部構造の製作が可能となりました。
講演では口腔内スキャナーについての基礎的なデータと口腔内スキャナーを活用した臨床におけるデジタルワークフローと今後のインプラントにおける展開についての講演でした。

〈Intra-oral Scannerを用いたデジタル歯科治療の可能性〉
上松厚夫先生
総合インプラント研究センター

Intra-oral ScannerやコンビームCTなどから3次元で得られたデータをソフトを介して
バーチャル診断用ワックスアップでデザインを行って、STLファイル形式で送信されたデータからプロビジョナルレストレーションを3Dプリンターやミリングマシンを用いて製作するCAD/CAMシステムを用いて、補綴治療が行えるようになりました。
以前はシリコン印象材を使用して石膏模型を卓上スキャナーでスキャニングして補綴物をデザインする過程では、精度が高いとされていたシリコン印象材を使用しても印象材の変形や石膏模型の硬化膨張と石膏模型のスキャニングの3段階で変形を起こして精度が落ちてしまうことがありました。
それに比べて光学印象においては、これらの過程がないため口腔内の歯牙および軟組織と咬合関係のデータを高精度で採得することができます。
また、口腔内のマーカーを基準としてコンビームCT撮影と統合させることによって軟組織上で診査診断していた補綴学的な基準を硬組織上へ応用することによって、CAD/CAMシステムを用いて診査基準を具現化することが可能となりました。
インプラント治療ではすでにサージカルガイドを使用して、より安全なインプラント外科治療が可能となりましたが、今後はインプラントに限らず他の歯科治療にもデジタル化を応用していくかの講演でした。

〈口腔内スキャナーの現在と未来の応用〉
北原信也先生
日本大学歯学部客員教授 昭和大学歯学部客員教授

今やAI(人工知能)や自動車においては自動運転などデジタル化が進歩する中、歯科治療においてもデジタルデンティストリーは広がりを見せております。
技工サイドでは補綴治療にCAD/CAMシステムが導入されデジタル化が進んでいますが、まだまだ現在の歯科治療はアナログが主流であり、ようやくシリコン印象を使用しない光学印象による精度の高い治療が可能となりつつあります。
しかし、口腔内スキャナーの限界や完全に印象材をなくす治療には、まだまだ改良が必要とされております。
講演では、口腔内スキャナーの使用による現状の問題点から将来にわたる展望を含めたデジタルデンティストリーについての考察でした。

〈エビデンスに基づいた口腔内スキャナーのインプラント治療への臨床応用〉
深沢翔太先生
岩手医科大学歯学部補綴インプラント学講座

口腔内スキャナーの臨床応用により、一般補綴や口腔インプラント治療において適用が多くなってきました。
口腔内スキャナーは、印象材と石膏模型が不要になることから、治療時間の短縮はもとより患者の肉体的負担を軽減し材料費の節約にもなり、高い精度の補綴治療を可能としました。
現在、インプラント治療の上部構造製作においては、従来のシリコン印象材を使用した方法が一般的です。
この方法は、臼歯部の症例においては印象用のコーピングの着脱とドライバーの操作が、患者が大きく開口しなければならない苦痛と術者においてもインプラントドライバー操作や印象用部品の口腔内落下などの注意を要するストレスがあります。
口腔内スキャナーを使用すればこのようなストレスはなくなりますが、口腔インプラント治療におけるスキャナーの適用は、まだ一部の単独歯欠損症例に限られております。
多数歯欠損症例での臨床報告もありますが、精度の不安からベリフィケーションインデックスを採得する必要があるなど、まだ確立はされていません。
講演は、口腔内スキャナーの精度に関する研究と口腔インプラント治療における臨床応用可能欠損の大きさについての考察でした。

日本口腔インプラント学会学術大会1日目

2018.9.15(土)

第48回日本口腔インプラント学会学術大会 大阪国際会議場に2日間出席して参りました。
9月14日(金)は午前中のみの診療と15日(土)は休診させていただき大変ご迷惑をおかけしました。
大阪は初めての滞在でした。
14日(金)の夕方に大阪に到着し道頓堀を散策しました。

9月15日(土)の講演内容
〈インプラント治療後の変化の現状〉
椎貝達夫先生
東京歯科大学口腔インプラント学講座

かつては、ブレードタイプのインプラントから普及し、その後オッセオインテグレーションタイプのインプラント治療が臨床応用されて35年が経過しました。
ブレードタイプのインプラント体は、インプラント体の沈下や天然歯と連結することによる、天然歯根の破折など数多くの問題があり衰退しました。
それに比べて成績のよいオッセオインテグレーションタイプのインプラント体が主流となり、現在では歯科補綴治療においても第一選択となりつつ標準的な歯科治療にまで確立されました。
これからは日本社会が抱える超高齢化社会に向けて全身疾患を有するインプラント患者と向き合っていくことが問われる時代となりました。
今回の講義は、長期症例からデンタルインプラント治療における経過を観察し、どんな変化が起こっているのかを提示して年代別に応じた治療法についての考察でした。

〈高齢患者に対するプレシジョンインプラント補綴治療の提案〉
黒嶋伸一郎先生
長崎大学生命医科学域口腔インプラント学分野

高齢化社会をむかえてインプラント治療を希望する高齢患者は、年齢、有病者、薬剤服用者、生活様式や食生活、経済性によりその健康状態が大きく異なっています。
今後は患者の健康状態を見据えた歯科インプラント欠損補綴治療の展開が必要不可欠なので患者年齢と上部構造に焦点を当てて、患者の最後までを見据えたプレシジョンインプラント補綴治療についてのお話でした。

〈高齢者の口腔機能はどのように低下するのか?〉
菊谷武先生
日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック

口腔機能は咬合支持の存在だけではなく、口腔の運動機能にも大きな影響を受け、特に舌の運動機能の低下は口腔全体の機能低下に直結します。
さらに、加齢と伴に脳血管疾患の後遺症や神経変性疾患などによっても口腔機能は障害され、歯の喪失による咀嚼障害を有する患者数は増加しています。
フレイルという状態から要介護状態において、自立度の低下の原因となる身体機能の低下や認知機能低下は、口腔機能の低下の原因にもなります。
これは外来患者に通院している患者の多くは通院不可能になることが予想されます。
講演では、高齢者の口腔機能低下の原因や課程と在宅療養患者の現状についての報告でした。

〈インプラントの長期成功による天然歯の保全〉
飯島俊一先生
東京歯科大学口腔インプラント科

天然歯とインプラントの保全には天然歯と同等以上のインプラントの長期安定が必要となります。
インプラント合併症で最も多いのはインプラント周囲炎ですが、インプラント周囲炎を引き起こすメカニカルトラブルは、インプラントの構造と強度に起因します。
インプラント周囲炎を防ぐためには、ラフサーフェイスはこつで覆われる必要があり、そのために、より細いインプラントが必要になります。
しかし、インプラントの強度も確保されなければなりませんが、そのためにはインプラント体の構造はシンプルなデザインが求められます。
そしてインプラントによる天然歯の保存を目指すと、インプラントと骨との結合力の能力を高める必要があります。
また、インプラント体の軟組織貫通部をより細くして丈夫にすることによってプラーク付着防止によりインプラント周囲組織の炎症を軽減して、さらに軟組織貫通部をインプラント周囲軟組織の厚みを確保して軟組織の経年的退縮を防ぐことにより審美性の長期の維持が達成できます。
以上のことによりインプラントとしての長期臨床応用を可能にし、口腔内の残存天然歯の長期安定を行うための考察でした。

〈インプラント治療に必要な天然歯を救う技術〉
二階堂雅彦先生
東京医科歯科大学歯周病学分野

歯周病患者と健全歯肉患者のインプラント治療には差が出ることが知られています。
歯周病患者にインプラントを埋入する際には、当然のことながら残存歯の歯周治療から始まります。
歯周炎の既往をもつ患者ではインプラントの成功率と生存率が下がることは知られており、インプラント周囲炎発症のリスクファクターとして天然歯の残存ポケットとの相関関係があることもわかっております。
歯周病に罹患した歯列へのインプラント治療には、歯周病に対する十分な理解と治療技術そして、定期的なメインテナンスが重要となります。

〈天然歯とインプラントの共存 −歯周病学的側面から−〉
松井徳雄先生
銀座ペリオインプラントセンター院長

歯周病患者のインプラント治療を行う際、欠損部位に対してインプラントの適応症か否かの診断とインプラント周囲の歯槽骨や歯肉の状態形態、清掃性、上部構造、かみ合わせ、そしてメインテナンスなどに至るまでの治療計画が必要です。
インプラント体周囲に歯槽骨が存在することが理想的で、インプラント体周囲の骨造成において様々な術式が報告されています。
また、清掃性や審美性の観点からインプラント周囲に適切な厚みを持つ角化歯肉の存在も重要です。
残存歯においては、セルフケアが行える清掃性の高い口腔内環境と安定した咬合の確立も重要となります。
重度の歯周病患者のインプラント治療およびメインテナンスにおける清掃性の高い口腔内環境を保つためには、歯周ポケットの除去はもちろんのこと生理的な骨形態の獲得と付着歯肉の獲得によりプラークコントロールしやすい環境の確立が必要です。
また歯周病により歯牙が移動してしまった際には、清掃清雅の悪化や不適切な咬合が見られた場合は適切なポジションへの矯正も必要となることもあります。
講演は、天然歯とインプラントが共存するための歯周病学的配慮について、インプラント部位と残存歯についての考察でした。

〈インプラントと審美における論争と革新〉
日高豊彦先生
東京医科歯科大学非常勤講師

審美歯科領域におけるインプラント治療の長期予後を獲得するためには、インプラント埋入の基本原則に従うこと、インプラント周囲に骨または歯肉、またはその両方の移植を行うことが良いと考えられております。
自家軟組織移植は高い予知性をもちますが、インプラント周囲への硬組織移植は形態保持の永続性を考えると非吸収性材料が良いと考えられます。

〈審美性を長期間維持するために必要なインプラント周囲組織マネージメント〉
石川知弘先生
石川歯科院長
前歯部の多数歯欠損の症例においては、多くの骨と軟組織の欠損が伴うため、インプラント治療による審美性と長期安定性を獲得することは非常に困難となります。
まず術前の審査と治療計画そして患者との十分な相談を元に実現可能な治療目標について共通の認識を持つことが非常に重要となります。
特に前歯部多数歯欠損におけるボーンアンカードブリッジの補綴の場合、目標なる歯頚線を再現するためには硬組織と軟組織のマネージメントは不可欠となります。
歯周組織の付着機構が有する固有歯槽骨を維持する能力をインプラント治療に応用することは審美性の獲得と維持に有効です。
硬軟組織が不足する場合は、その形態を把握してインプラント体を骨内に納め、軟組織をサポートするための骨形態が必要です。
またGBR法による骨造成が行われる場合は再生量や使用する遮断膜の種類、骨補填材料の種類と自家骨との混合比などによって、長期的な予後が異なることがあります。
軟組織のマネージメントとして、不十分な骨造成の量と形態を補うことに加えてじょうぶこうぞうのエマージェンスエリアで軟組織の量が不足している場合は、結合組織移植による軟組織の増大が必要となります。
術後の吸収を長期的に安定した結果を得るには、質の高い結合組織を良好な条件の移植床に固定することが重要です。
講演は、長期にわたる審美的に成功させる必要なインプラント周囲組織のマネージメントについての症例と考察でした。

〈審美領域におけるデジタルテクノロジー〉
千葉豊和先生
岩手医科大学補綴 インプラント学講座

前歯部の審美領域での良好な結果を得るためには、術前の顔貌や口唇の審査、欠損歯槽の硬組織および軟組織の診査・診断から始まり、水平・垂直・傾きの3次元的に適切なインプラントポジションはもちろんのこと、インプラント周囲の硬組織及び軟組織の再構築を含めたボリュームの外科的考慮、上部構造の作製までに至る技工操作の流れ、審美的な形態と歯肉との調和のとれた上部構造の形態と咬合様式が考えられます。
特に審美領域におけるインプラント治療で十分なインプラント周囲組織の長期安定性を獲得する他もの重要事項となるのが、適正な3次元的インプラント埋入ポジションであり、現在ではデジタル機器のめざましい発展に伴い、3次元的な診察と診査からインプラント埋入ポジションの決定と診断で確定したインプラントポジションを術中に具現化させるためのサージカルガイドの作製さらに上部構造の作製においてもデジタルテクノロジーによって行うことが可能となりました。
それにより術者のみならず、患者サイドにおいても術中の軽減につながっております。
講演は、歯科審美領域への外科的、補綴的アプローチにおける注意事項と臨床応用され始めているデジタルワークフローについての講演でした。

インプラント学会第9回学術シンポジウムに出席してまいりました。

2018.7.22(日)

本日、日本口腔インプラント学会関東・甲信越支部第9回学術シンポジウム
メインテーマ「集学的治療としてのインプラントを考える・若手インプラントロジストの取り組み」が日本歯科大学生命歯学部富士見ホールにて行われ、出席してまいりました。

〈内容〉
「再生医療と今後の展望」
山本麻衣子先生
東京医科歯科大学 インプラント外来
今やインプラント治療の信頼性の向上に伴いインプラントの需要が増加しました。
従来では大学病院で行っていたようなインプラント治療が困難であった骨量の少ない部位や上顎洞挙上術などでも、今や限定的ではありますが、一般歯科医院で行われるようになりました。
それにより確実性の高い治療が求められてきており、骨移植や人工骨を用いた骨造成に加えて再生医療もやっと歯科領域で行われるようになってきました。
骨造成に使用するものとして様々な代用となる人工骨が開発製品化されていますが、まだ自家骨がゴールドスタンダードとなって広く使用されております。
再生医療の方法論として、組織工学と細胞移植の2つの方法に大きく分けられますが、その組織工学的な方法としての人工骨は多く開発されて多種多様となっておりますが、細胞移植などの方法は現状では組み込まれておりません。
今回は骨再生医療、骨組織工学としての骨補填材料の問題点と再生医療の細胞移植を含めた研究や動向そして規制などの紹介と今後の再生医療の展望についての考察についてです。

「インプラント治療における血小板濃縮材料の応用」
礒邉和重先生
東京形成歯科研究会
今やインプラント治療において骨造成は避けて通れない状況となっており、それに伴ってインプラント窩治癒促進と成功率をあげるためには、再生医療は欠かせない状況となっております。
1998年に多血小板血漿のPRPが顎顔面領域の骨再生において有効であることが証明され、その後PRGFやPRFがPRPから派生した血小板濃縮材料として開発されました。
完全自己血由来のPRFの開発により臨床応用するユーザーが増えて世界的な広がりを見せています。
この血小板濃縮材料は高濃度の増殖因子によって組織の細胞が増殖し分化して、組織再生が行われます。
さらに組織再生には幹細胞を含む組織細胞の増殖と分化とともに、血小板濃縮材料は血管新生に効果的に働き間接的に抗炎症作用・抗菌作用。疼痛抑制作用が組織再生に対して重要な役割を果たしているとされています。
この血小板濃縮材料をインプラント治療で臨床応用した症例報告でした。

「上顎洞挙上術の背景と術後評価」
小川秀仁先生
みなとみらいインプラントアカデミー
かつて上顎臼歯部の骨量がないケースでは、インプラント治療は禁忌でありました。
その後、腸骨移植による上顎洞挙上術が大学病院レベルで行われるようになり一般歯科医院では、上顎洞挙上術は日常の臨床では行われることはありませんでした。
しかし現在では、骨補填材の進化とソケットリフトの登場や補填材を使用した上顎洞挙上術の術式の確立によって、一部の歯科医院でも日常的に上顎洞挙上術を臨床応用するようになっております。
また、一般歯科医院での歯科用CTの普及に伴い従来のパノラマレントゲンのみの診断とは次元の違う正確な診断が可能となりました。
術者は、上顎洞挙上術における補填材は自家骨がゴールドスタンダードではあるが、自家骨のみの採取はやはり腸骨や腓骨からの採取となり患者の外科的侵襲が大きいため、下顎枝やオトガイ下からの骨採取に吸収性の骨補填材であるβ−TCPを混入して上顎洞挙上術を行った症例を紹介しました。
自家骨のみの上顎洞挙上術と異なり、一般歯科医院で可能な比較的低侵襲で予知性のある術式と説明しておりました。

「顎骨再建、広範囲顎骨支持型装置治療の若手インプラントロジストの取り組み」
寺本裕二先生
愛知インプラントセンター
口腔顎顔面領域における腫瘍や外傷そして先天異常により顎骨欠損を生じた場合、機能的な再建が必要でインプラント治療が多く臨床応用されるようになりました。
腫瘍などにより顎骨そのものを切除した場合の顎骨再建とその再建された骨にインプラント埋入を行い、機能回復した症例の発表でした。
一般歯科医院のインプラント治療では行えない口腔外科的なインプラント治療でありましたが、ここまで顎骨の再建とインプラント治療が進歩しているのには目を見張ります。

「咬合再建を考慮した理想的な骨造成のための外科的挑戦」
広範囲顎骨欠損への骨髄海綿骨細片移植を中心に
土肥雅彦先生
日本インプラント臨床研究会
上記同様、腫瘍などにより広範囲にわたり顎骨を欠損して症例です。
以前では顎骨再建においての腸骨移植は、採取した移植骨を術中の限られた時間の中で顎骨形態にトリミングしなければならず、理想的な顎骨形態を移植するのは困難でありました。
コンビームCTの進歩により、術前にDICOMデータより作成した3−Dレジンモデルを用いて理想的な形態の違いチタンメッシュトレーや歯槽堤形成術に用いるソフトシーネの作製が可能となりました。
術中にチタンメッシュトレーの成型を行うのに比べて各段に手術時間の短縮と極めて理想的な形態の顎骨再建を行うことにより、審美的な顔貌の回復・インプラント埋入・咬合回復が可能となりました。

「矯正治療を伴うインプラントの治療計画と考察」
川原淳先生
横浜口腔インプラント研究会
成人の矯正治療において、欠損歯・進行した歯周病・放置した欠損による病的歯列不正により、矯正治療はより複雑となり対処が困難となります。
また、小児における矯正治療の固定源となる第一大臼歯の欠損した成人の症例ではインプラントを固定源とした矯正治療が可能となりました。
インプラントを応用した矯正治療の診査・診断・治療計画・術後についての発表でした。

「デンタルソリューションによるインプラント治療」
ガイド作成から上部構造まで
小野里元気先生
新潟再生歯学研究会
近年の歯科治療のデジタル技術の発展に伴い著しくインプラント治療は向上しました。
歯科用CTにおけるインプラントシュミレーションそしてサージカルガイドの製作・アバットメントの製作・インプラント上部構造の製作はCAD/CAMは当たり前となりました。
とくにコンビームCTにおけるサージカルガイド製作では、インプラントシュミレーションしたデータと口腔内スキャナーのデータをマッチングさせて、従来よりより精度の高いサージカルガイドの製作が可能となり、より安全にまた理想的な角度・深度のインプラント埋入が行えるようになりました。
口腔内スキャナーを使用することにより、一連の治療を印象なしで行い患者への不快感と負担を極力なくす治療などの発表でした。

「インプラント治療のマネージメント」
瀬戸宗嗣先生
日本歯科大学新潟病院口腔インプラント科助教授
近年の歯科界におけるデジタル技術の進歩は目覚ましくインプラント治療に多く導入されてきています。
コンビームCTの登場により以前では行えなかった術前のシュミレーションはもとより、理想的な位置で埋入が可能となったサージカルガイドの製作、CAD/CAMにおけるアバットメントや上部構造の製作そして最近では光学印象が臨床応用されて、患者の不快感を伴うシリコン印象に変わるものとなりつつあります。
しかし、術者がそれを扱う能力が伴わなければ重大なトラブルが発生します。
外科的手術においていくら精度の高いサージカルガイドを使用したとしても、基本的な切開・剥離・ドリル操作が行えなければ失敗につながります。
インプラント治療がデジタル化され進歩しても、それを使用するのは結局アナログである術者に他なりません。

「インプラント上部構造としてのセラミック修復の予知性を探る」
積田光由先生
鶴見大学歯学部クラウンブリッジ補綴学講座助教授
鶴見大学歯学部付属病院インプラントセンター
現在インプラント上部構造においては、CAD/CAMをベースとした補綴治療は当たり前のこととなっています。
特にジルコニアの歯科補綴の応用により、メタルフリー修復が可能となりました。
ジルコニアは審美的にも強度も優れており理想的な歯間修復材料と思われがちですが、インプラントを長期に安定して機能させるためには多くのファクターが存在し、上部構造のセラミックについての予知性についての講義でした。

「インプラント周囲炎の予防」
清掃性の高い補綴形態
藤井政樹先生
昭和大学インプラント歯科学講座助教授
インプラント治療が良好なインプラント埋入と上部構造が装着されても、長期安定性を確保するのはインプラント周囲炎を起こさないことです。
それは本人の日々の清掃はもちろんのこと、歯科医院での定期健診を怠らないこと、そして喫煙による血流欠乏により抵抗力低下や糖尿病などによる全身的な抵抗力の低下が起因してきます。
どんなに表面性状の良いインプラント体を埋入しても天然歯牙に勝るものはありません。
インプラント周囲炎の治療法はまだまだ確立されておらず、今後の更なる課題となるでしょう。

「インプラント周囲疾患の治療と予防について」
佐野哲也先生
総合インプラント研究センター
インプラント周囲炎は、インプラントロジストにおいて必ず経験する、もはや避けて通れない疾患です。
インプラントビギナーにとっては、インプラント埋入するための外科術式ばかり注目し勉強しがちですが、患者はインプラントを入れることが目的ではなく上部構造を装着して良く噛め、長持ちすることを願って受診するわけです。
もちろんインプラント埋入手術が、最もインプラントの長期安定性において重要な要素であることには疑いの余地はありません。
しかし、埋入後何十年という安定した咬合を維持するには、セルフケアとプロフェッショナルケアによるメインテナンスは欠かせません。
インプラント体の表面性状や骨造成そしてデジタル化の進歩は目を見張るものの、インプラント周囲炎における治療のポロトコールが確立していないのは事実です。
インプラント周囲炎にならないように、クリーニングを徹底することが何よりですが、インプラント周囲炎になってしまった場合はその治療として、超音波スケーラーによるクリーニング、エアーフローやレーザー照射による洗浄などによる非外科治療、それでも改善されない場合は、外科治療によるGBR法ですが、すでに感染しているインプラント体にこのような外科処置を行っても成功率はかなり低いものと言えます。
今後の課題としてはかなり重要な二次的なインプラント治療と言えます。

「日常臨床で遭遇したインプラントトラブルに対する考察」
村山大吾先生
埼玉インプラント研究会
歯科インプラント治療を行っている割合は平成16年で10.2%で、平成28年で約倍の24.4%との事で、全国の歯科医療機関の24.4%である14,580施設においてインプラント治療が行われているそうです。
それに伴い、歯科インプラント治療を受けて危害を受けた相談件数も増加しているのも現状です。
このようなことにならないように、若きインプラントロジストはもちろんのことベテランインプラントロジストも初心に帰り、正しい診査・診断・治療計画とインプラント術前初期治療をしっかり行う事、インプラント埋入手術及び2回法においては2次手術、補綴処置、メインテナンスと徹底した治療においてトラブルの減少は可能と思われます。

インプラント治療が24.4%も普及しているのには驚きました。
ほんの20年前の欠損補綴はブリッジが主流でありましたが、今や欠損補綴の第一選択はインプラント治療となりつつあります。
かつて日本でブリッジが登場した時は保険外の治療であったそうですが、今では極端に欠損歯数が多くなければほとんどの症例でブリッジは保険適用となっています。
あと数十年後には、大幅な虫歯の減少や歯周病も再生医療により治癒率も向上し、歯牙欠損そのものも減少し、インプラント治療も保険適用となるかもしれません。
そうなれば健全歯牙を犠牲にするようなブリッジは過去の遺物となり、インプラントが主流となるのは間違いないことと思われます。
現在、インプラント治療はほぼ確立されてきましたが、まだ進化を続けると思われます。
我々インプラントロジストは、この進化し続けるインプラント技術と新しい材料の情報を日々身に着けていく必要があります。
今後も積極的に勉強会や学会に出席し技術向上に努めたいと思います。

八條小学校6年生を対象にしたハミガキ教室

2018.6.28(木)



先週に引き続き、八潮市立八條小学校の6年生を対象にしたハミガキ教室に行って参りました。

わたしは、平成2年に清沢歯科クリニックを開院してから28年間八條小学校(旧八潮市立第一小学校)の校医をさせていただいております。
学校医就任当時に八條小学校の歯科検診を行ったところ、生徒たちの虫歯の多さに驚いたのを覚えております。
この時の八條小学校のう蝕(虫歯)罹患率は、埼玉県の小学校の中でワースト10内に入っていました。
虫歯ゼロの子供は2~3人しかおらず、記録を取っていた養護の先生も虫歯がゼロの子がいると感激して、その生徒をべた褒めしていたぐらいです。
また虫歯のある子に歯科治療勧告書を出しても治療率が非常に悪く、う蝕罹患率はいっこうに下がりませんでした。

これではいけないと当時の校長先生や養護の先生と何とか治療率を上げ、虫歯予防で齲蝕罹患率を下げようと対策を練りました。
学校歯科検診では、従来のように歯科検診をして治療勧告書を生徒に渡すだけではなく、検診直後に虫歯のある生徒には養護の先生が「こことここに虫歯があるから治しなさい。」と一人ずつ注意して治療を促しました。
また生徒だけではなく、学校保健委員会で保護者を対象とした虫歯予防教室を開催するなどして、年々歯科治療率も上がり、齲蝕罹患率も下行してきました。

現在ではそのかいもあって齲蝕罹患率は大幅に減少しました。
しかし、虫歯のない生徒と少ない生徒がほとんどを占める反面、ごく少数ですが虫歯だらけの生徒の二極化が見られるようになりました。
また虫歯は減少したものの歯肉炎は増加傾向にあり、それは小学校高学年で多く見受けられました。
そして最近の食物の変化により、硬い食べ物を食べなくなったせいで、肝心な成長期に顎が発達しない子が増加しました。
そのため歯の大きさに比べあごが小さすぎるので歯が並びきれずに、いわゆる乱杭歯(叢生歯)の生徒が非常に多くなっています。
この叢生歯は見た目が悪いだけではなく、歯垢がつきやすい環境となるので歯の間に虫歯ができやすく、また歯肉炎にもなりやすいので放置すれば成人した時の歯周病の予備軍となってしまいます。

今回の歯科検診では6年生の歯肉炎の生徒が多く見受けられたため、養護の大山先生の要請で6年生を対象にしたハミガキ教室を行いました。
生徒一人一人に個別に歯磨き指導する形式で一組ずつ2回に分けて行いました。
6月21日(木)は6年2組、そして6月28日(木)は6年1組の歯みがき教室を実施しました。
みんな元気が良く活発な生徒たちでした。
最初の6年2組の生徒に歯垢の染め出しを行ったところ、ほとんどの子は染まっているところが少なく、なんでこれで歯肉炎が多いのかなと思いました。
後で大山先生に聞くと、ほとんどの子が染め出しをするから家での歯みがきをいつもより長くやってきたそうです。
2回目の6年1組の生徒には普段通りの磨き方でやってくるように指示したところ、染め出してみたら、やはり多くの子が真っ赤に染まっていました。

@ 最初に各自染め出し
A 個別にみがき残しをチェック
B 生徒にデンタルミラーを渡して合わせ鏡で磨き残しの観察をしてもらう
C 正しい歯ブラシの当て方と動かし方「スクラッビング法」の指導
奥歯の歯ブラシの入れ方
D 各自磨き残しがあったところを指導した方法でブラッシング

という段取りで行いました。
決められた45分間ではかなり個別の指導は制限されてしまい、今後の課題です。
ほとんど磨き残しがない生徒も多数いましたが、少数ですがほとんど磨けていない生徒がいました。
全般的には、上の前歯の外側の歯肉側と下の奥歯の舌側の歯肉側の磨き残しが多かったので、そこに注意して磨きましょう。
これを機会に6年生の皆さんが磨き残しを減らして、歯肉炎をなくすことを願います。

愛犬どんぶりと軽井沢デビュー

2018.6.20(水)

今日は早起きをして、車で愛犬のどんぶりと妻と私の3人で軽井沢に一泊旅行に行って来ました。
いつもより早く起きて出かける準備をしていると、どんぶり君も我々が普段の行動と違うので、すぐに状況を察したようでソワソワし始めました。
旅行カバンにどんぶりのお皿をしまうと、どんぶり君は車で旅行とわかり大はしゃぎして、廊下を走り回り始めました。
体重68キロのどんぶりが、狭い廊下を走ると弾丸のような凶器になります。

八潮を8時に出発して特に渋滞もなく、11時ごろには軽井沢に到着しました。
いつもの通り、どんぶりを車に乗せるときの車内の冷房は22度にするので、われわれ人間はダウンを着て運転です。

どんぶり君 軽井沢デビューです。
実は私も軽井沢デビューです。
軽井沢はさすがに標高1130メートルだけあって、この季節でも肌寒くブルゾンを着て丁度良い感じでした。
どんぶり君はこれでも少し暑そうでしたが、八潮の暑さよりはましという感じ。

今回のホテルは、レジーナ軽井沢御影用水という新しくできたペットホテルです。
どんぶりのような超大型犬でも宿泊OKで、サービスも食事も良かったです。
しかし一言歯科の立場から言わせていただくと、ほとんどのホテルのアメニティーの歯ブラシはタワシのように硬いです!
未だに日本人は固い歯ブラシが好きなようですが、固い歯ブラシを使うと歯肉が下がり歯の根が露出してしまいます。
歯の根が露出したところに更に固い歯ブラシでゴシゴシすれば、くさび状欠損という歯の根に「削れ」ができてしまいます。
歯の噛むところのエナメル質は固いので歯ブラシ程度では削れませんが、歯の根はセメント質と言ってエナメル質と異なり、歯ブラシで横磨きすれば固い歯ブラシでなくても容易に削れてしまいます。
これで歯がしみるのがいわゆる「知覚過敏症」です。
皆さんホテルに泊まるときには、ご自分の柔らかめの歯ブラシのご持参をお勧めします。


翌日早起きをしてどんぶり君と2人で御影用水周辺を散歩しました。
さすがに軽井沢だけに高級別荘が立ち並び、ほとんどの家に暖炉は当たり前で庭には槇がストックされていました。
今の時期は良い気候ですが冬は寒そう、でもどんぶりには快適でしょう。
次回は冬にレジーナグループの伊豆のペット同伴の露天風呂付の温泉を予約しました。

超高齢社会の歯科医院のありかた 「オーラルフレイル」学術講演会出席

2018.5.20(日)

本日、大手歯科器材メーカーGCの学術講演会 「オーラルフレイル」歯科医院が取り組む予防と対策 に出席してまいりました。

〈内容〉
●オーラルフレイルから在宅診療に至る“かかりつけ歯科医”への期待
植田耕一郎先生
日本大学歯学部 摂食機能療法学講座教授
摂食機能評価法における診療室で実施可能な評価として
オーラルディアドコキネシス
反復唾液えん下テスト
ブローイング
を行う。
摂食嚥下訓練の必要性についてとその方法

●超高齢社会にかかりつけ歯科医が求められること、できること
須貝昭弘先生
神奈川県川崎市 医療法人社団歯愛会 須貝歯科医院院長
超高齢社会の歯科的問題について
外来においては咀嚼・咬合・顎運動だけを見ていたものが、寝たきり高齢者や認知症患者においては、咀嚼やえん下状態まで見なければならないこと。
診療室で役立つ摂食嚥下の知識について
寝たきりによる唾液量の低下と根面う蝕について
今後の超高齢社会のなかでかかりつけ歯科医としては患者の口から食べることを最期まで支援することが求められている。

●歯科衛生士が気付き対応する高齢患者の口腔機能低下
山口朱見先生
千葉県松戸市 医療法人社団千葉健愛会あおぞら診療所 歯科衛生士
超高齢社会となり、現在では1人の65歳以上の高齢者を20歳〜64歳の成人が2.6人で支えている社会構造が、2060年には高齢者1人を1.2人で支える社会構造になると想定されており、高齢者ができるだけ自立してしかも健康で過ごしてもらう事が必要となる。
特に口腔機能は栄養状態から全身状態へ大きく影響してくため、高齢患者では全身疾患を持つ場合が多く身体のみならず口腔機能が低下していることが多い。
また、全身疾患がなくても活動量の減少により本人の自覚なしに全身や口腔の機能低下の進行が見られることがある。
歯科衛生士として歯科医院に来院している患者さんや訪問先の患者さんの口腔機能低下に気付き、口腔清掃はもとより摂食嚥下機能向上を行うことは全身状態の維持と向上へとつながるものがある。
1.口腔周囲の筋肉の動き・筋肉の左右差硬さ及び筋肉量をみる
両側での咀嚼を意識させる。口腔周囲のマッサージを行う。
2.口腔の乾燥状態を見る
水分の補給を十分に行う。舌運動や唾液マッサージを行う。
対症療法として保湿剤・人口唾液を使用する。
3.舌の観察
舌の動きをみる。舌の力が弱い。舌が薄いなどは舌の筋力低下とみられる。
舌運動として舌を左右前方に動かしたり、舌で頬を押す、口蓋に押し付ける、またタ・カ・ラなどを発音させる。
4.うがいの様子の観察
嚥下機能の低下した患者ではうがいでむせることがあり、対処法として口腔周囲の運動と共に首・肩・腕の運動を提案する。
5.食事の内容を聞き取りし、必要に応じて失歳の咀嚼力を確認する。
食品の大きさや硬さの確認、きちんと咀嚼してえん下できているかの確認、むせる場合は摂食嚥下時の歯性の調整、口腔周囲や頸部の運動を提案する。
6.会話の様子を観察し、よく聴く
声のかすれ、痰が絡んでいないか、声が小さい、呼吸の乱れがないか、発音が聞き取りにくくないかを観察する。
対処法として口腔周囲の運動と首・肩・腕の運動、深呼吸、ブローイング、発生などの提案。
7.何か変と思うことに注意する。
口腔清掃状態が急に悪くなった、う蝕や歯周病が急に進行した。
また口腔のみならず服装・髪型・歩きかたなど容姿の変化の観察も重要となる。

●認知症の人の口を支える基礎知識
平野浩彦先生
地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター病院 歯科口腔外科部長
@認知症の現状と施策について

A歯科医師が知るべき認知症の特徴
アルツハイマー型認知症の脳内での変化
認知症の定義について
加齢に伴うもの忘れと認知症の物忘れの違いについて
認知症患者の行動を理論的に理解する
認知症の周辺症状 問題行動と迷惑行動についてと周辺症状の向き合い方について

B認知症の人への対応
歯科医療機関で起こるBPSDに対する対応について
 顔や姿を見せてから声をかける
 無言で作業しない
 知り合いアピール(世間話をする)
 見守る、声をかける
 言葉と視覚情報でわかりやすくする
 混乱の渦に陥れない

歯科治療の不安に対応した環境整備がひつようとなる
環境への不安の取り除きとして
 できるだけ本人の様子を観察しやすいユニットに通す。
 治療内容や治療耳時間の終了の見通しを伝え、安心感を与える。
 なるべく家族に同席してもらうように協力を得る。

治療行為の不安の取り除きとしては
 口腔、顎顔面、頭頸部への急な接触を行わない。
 口腔の過敏、水分や音の出る機械による恐怖感に配慮する。
 信頼関係を保ち、理解を促してからの介入により安心感を与える。
 顔を見せて話しをし、見えないところから話しかけない。

治療内容の理解を助ける説明が必要
 認知症の人の理解のため、同じ説明方法を繰り返し用いるようにする。
 認知症の人の理解力に合わせた説明方法を探る。
 治療内容について、図や模型をまじえた説明用紙などを利用する。
 説明後、忘れていても根気よく同じメッセージを繰り返す。

治療中の観察とストレスの軽減を図る対応
認知症人は訴えが少なく、あるいは多様であることから、何が起こっているのかを観察から判断する必要がある。
そして、歯科医療機関のスタッフの適切な声かけにより、認知症の人の不安やストレスを軽減させることができる。
 呼吸、血圧、むせなど身体的な観察を行う。
 拒否的な発言や行動などの声かけを行った時の反応。
 表情が険しくなるなど経時的な表情や訴えの変化の観察。
 落ち着きのなさや興奮などの観察。

歯科外来でフォローする時の視点
心理面の配慮として
 認知症の症状は基本的に理解可能として接するように心がける。
 本人は強い不安の中にいることを理解して接するようにする。
 感情面は保たれているという認識で接する事。
 より身近な人に対して、認知症の症状がより強く出ることが多くなるという認識で接することを心がける。
 安心感を与えるため介護者に同伴してもらう。
 また、家族の介護負担に常に配慮してあげる。

変化への対応
 口腔機能の低下などの変化の観察
 日常の口腔清掃行為の変化の観察
 行動、心理症状(BPSD)、精神科薬剤などの変更や追加処方の状況、発熱、疼痛、基礎疾患の悪化などの身体疾患の変化、コリンエステラーゼ阻害薬などの副作用についてなど問診による2〜3か月の状況変化を注意する事。

超高齢社会を向かえ今後ますます外来には,認知症を含む要介護の患者さんは増加します。
将来の状況を見越して、高齢者専用歯科ユニットを設置しましたが
現在のところ当クリニックでは、要介護の患者さんは1日に数人なのでこのユニット1台で対処はできていますが、将来は要介護の患者さんは半数近くになると思われるので、ユニット台数を増加する必要性もあると思います。
またハード面だけではなくサービス面においては、歯科医師である私と清沢歯科クリニックのスタッフたちも今後高齢になっていくため、患者さんに対しての老老介護という形態にならざるを得ません。
超高齢社会の課題はたくさんあります。

包括的治療におけるインプラント

2018.4.15(日)

本日、インプラント器材大手メーカーである株式会社インプラテックスのインプラントセミナーに出席してまいりました。
演題は、「全てのインプラントロジストへ 包括的治療におけるインプラント」です。

〈講演内容〉
「歯周病治療時代のインプラント治療」
雨宮 啓 先生
藤沢歯科ペリオ インプラントセンター院長
今や患者のカリエス(虫歯)に対する意識の向上と共にカリエスは激減したものの、ペリオ(歯周病)に対する意識はまだそれには及ばず、それに伴い歯周病患者のインプラント治療も多く見受けられるようになっています。
従って歯周病患者のインプラント治療は、手術を行う前に歯周病治療を行うことは大前提となっています。
再生療法の進歩と共にインプラント治療のみならず、歯周病治療も幅広い治療の選択肢ができるようになった現在では、歯周病患者の重度に骨吸収した天然歯は、抜歯してインプラント治療で対応するのか、天然歯を保存するための治療をするのかで予知性が大きく左右されることが現状です。
数十年前のインプラント治療時代のインプラント治療から、今や歯周病治療時代のインプラント治療時代に対応できる知識と技術が必要となって来ていると思われます。
10年以上前から当クリニックでもすでに取り組んでいる治療方法でした。

「少数歯欠損におけるコニカルコネクションインプラントの臨床応用」
奥山 雅人 先生
オクヤマ歯科医院院長
一昔前の欠損補綴は、少数歯欠損ではブリッジが第一選択で、最後方大臼歯が2歯欠損以上の場合は部分義歯の選択しかありえませんでした。
そのころからインプラント治療はあったもののその普及率は少なく、インプラント体や上部構造などの形状や高品質性、また骨造成法や再生療法も確立されておらず、失敗率も高い治療でありました。
現在では、CTやシュミレーションソフト、ガイデッドサージェリーのようなデジタル機器による正確な診断、そしてインプラント体の形態と表面性状によるオッセオインテグレーションの向上、CAD/CAMの登場による正確かつ緻密な補綴物の製造法の確立により、ブリッジ補綴の予知性をもはや上回る補綴方法となり、少数歯欠損においてもインプラントは第一選択となりました。
そしてコニカルコネクションの登場により、インプラント体とアバットメントとのマイクロムーブメントによる骨吸収も大幅に軽減され、より長期安定性が確保されました。
ブリッジや義歯による補綴と比べるとインプラント治療の大きなメリットは、残存歯の保存でありますが、術前診査を的確に行わなければその予後は大きく変わってしまいます。
講義では、生体の変化に対応したインプラント治療の診査・診断・治療計画・補綴マテリアルを含めた長期安定性を目指した術式の説明がありました。

「インプラント治療で包括的治療は変わる」
白鳥 清人先生
白鳥歯科インプラントセンターセンター長
現在ではインプラント治療は欠損部の代替治療ではなく、第一選択の欠損補綴治療となりつつあります。
それはインプラント治療が、ブリッジの回避・咬合支持の獲得・残存歯の温存・審美の獲得に有効であり、インプラント治療の長期安定性が確立されてきたため、包括的な治療計画は以前と比べかなり変わりました。
またインプラント機器の進歩も目覚ましく、特にピエゾサージェリーの応用により、より低侵襲かつ良好な骨造成が可能となり、さらにインプラントの適応症例は拡大しています。
当クリニックでもピエゾサージェリーに導入により、安全で低侵襲なインプラント治療が行えるようになりましたし、かつてインプラント治療ができなかったケースにおいてもピエゾサージェリーによりそれが可能となりました。
講義では、ほとんどの欠損部にインプラント治療が行えるようになった今、包括的治療においてインプラントの応用によりどのように治療計画を立てていくのかのお話しでした。

GCインプラントミーティング2018 出席

2018.1.14(日)

本日、「GCインプラントミーティング2018」に出席してまいりました。
国内大手歯科医療メーカーの株式会社GCが主催する最新のインプラントテクニックなどを紹介するインプラントセミナーです。

〈内容〉
「インプラントガイドシステム iCAT ガイデッドサージェリーの目的」
石川明寛先生
東京都田園調布開業 歯周病インプラントセンター
 インプラントガイデッドサージェリーの目的
 インプラントガイドの精度と誤差について
 ガイドを用いたインプラント手術手順について
 インプラントガイドを用いる場合の患者の開口度について

「患者の痛みをコントロールする 15年のインプラント治療を通したトラブル対応」
松田哲先生
明海大学歯学部SP PDI東京歯科診療所
 各治療ステージにおける痛みと対処法
 痛みを和らげるための局所麻酔テクニック
 インプラント術後の疼痛緩和とブラッシング方法について
 インプラント上部構造セット後のメインテナンスについて

「GCインプラントAadvaとAadva CAD/CAMシステムの臨床応用」
谷口陽一先生
谷口歯科医院

「Interdisciplinary Approach for complex patients」
二宮祐介先生
ニノデンタルオッフィス

〈感想〉
近年、コンビームCTの普及とデジタル機器及び歯科用コンピューターソフトの進化により、理想的なインプラント埋入方向(インプラントの埋入位置である起始点・近遠心的角度・頬舌的角度・インプラント深度)を3次元的にシュミレーションを行えるようになるばかりか、コンビームCTの情報と患者の顎模型をマッチングさせるソフトの開発により、インプラント埋入をシュミレーション通りに行うことができるガイデッドサージェリーも年々進化してきました。
従来のインプラント埋入手術においては、パントモの情報のみ、さらに進化したとしてもCT撮影の情報のみで、術者の技術と経験によりインプラント埋入方向が決定していたため、理想的な位置でのインプラント植立は、術者により左右されていたのは事実に他なりません。
しかし、インプラントガイデッドサージェリーシステムの登場により、術者の技量に左右されずにプランニング通りの位置・方向・深度でインプラントの埋入が可能となりました。
また、以前に比べインプラントフラップレス手術の応用の範囲が広がり、安全性も高まったことも事実です。
しかしながらインプラント初心者の手術とベテランドクターとの差は縮まったものの、それはあくまでもデジタル上のことであり、インプラント手術そのものは事実上アナログの世界です。
従ってインプラントガイドシステムの誤った使用法や軟組織を介在することによる誤差を考慮しなければ、正確なプランニング通りの位置にはインプラントを埋入することはできません。
インプラントガイドシステムを用いた場合の誤差の平均値は、
インプラント起始点において 1.12mm〜4.5o
インプラント埋入深度において 1.39mm〜7.1o
インプラント埋入角度において 3.89度〜21.16度
との事でこの数値は、驚くべきものでした。
特に深度の誤差が1o以上もあるのは驚くべきところで、7mmもあったものにおいては話になりません。
インプラント起始点や角度においてもこれだけずれるのであれば、インプラントガイドを使用しないほうがまだましと思われます。
インプラントガイドシステムをまだまだ過大評価するべきではなく、100%信頼すべきものではないと感じます。
これだけずれるのは、術者の誤ったインプラントガイドの使用法や粘膜を介在させるために起こるインプラントガイドの浮き、インプラントガイドの固定の不十分による位置のズレによるものと思われます。
当クリニックでもインプラントガイデッドサージェリーを行っておりますが、上記のデータほどではありませんが、ズレを経験したことがあります。
逆にインプラントガイドに任せず自分の経験で埋入した場合でも、シュミレーションとは異なった方向になり、やはりガイドに従ったほうが良かったという経験もあります。
その後、わたしはインプラントガイドを使用してもガイドは参考までとして、まず必ずガイドを外して目視して安全を確かめるのと、ガイドを用いて少しドリリングをした後、自分の経験値と重ねたうえで、納得がいった場合に最終深度までドリリングをしてインプラントオペを行うようにしております。

現状ではインプラントガイデッドサージェリーは誤差がつきものでありますが、術者の経験値のみでインプラント手術を行うより、インプラントガイドを用いて手術を行った方が遥かに正確にインプラント埋入を行うことができることは事実です。
また、下顎管に近接している症例や上顎洞挙上術を回避したい症例においては安全性において非常に有効であり、多数歯欠損や無歯顎におけるインプラント埋入においては起始点の決定が容易となります。
そして、なんといってもインプラント手術時間の短縮が可能となることは、術後の腫脹や疼痛緩和につながり、魅力的な長所であります。
また、以前のガイドはオートクレーブによる滅菌ができませんでしたが、現在の物では滅菌もできるようになりました。
欠点としては、開口度が少ない患者さんには使用が困難なこと、開口度がある患者さんでもやはり最後方臼歯部には使用は難しいこと(その場合は起始点の明示ができるだけでも効果はあります。)
模型送付と模型マッチング、インプラント治療計画シュミレーションデータ送付、インプラントガイド製作に至る手術開始までに日数がかかること(それも現在ではかなり短縮されました。)、それと患者さんの経済的負担が増えることです。

インプラント治療は高額な治療です、それに加えてインプラントガイドを使用すればさらに患者さんの経済的負担がかかります。
このインプラントガイデッドサージェリーは非常に良いものなので、使用することに越したことはありませんが、
当クリニックでは、患者さんと十分なカウンセリングを行って、なるべく患者さんに経済的負担をかけないようにガイドを使用するべきかを決めております。

今年も3日にローストビーフサンドと赤ワインでやっとのんびり

2018.1.3(水)

今年もお節料理づくりが終わり、3日になってようやくのんびりできました。

お節のメニューのローストビーフの残りでローストビーフサンドを作り、この日ばかりは私も妻もカロリーを気にせずフレンチフライを好きなだけ食べます。
ワインも奮発して今年は1990年のシャトーフィジャック(ボルドー サンテミリオン)とともに。

体重も2キロ増えたので、愛犬どんぶりとの散歩を草加駅まで毎日して、休日はスポーツジムに通う予定です。

清沢歯科クリニックは1月5日の金曜日から診療開始ですが、この日は午後5時で終了いたします。
また、翌日の1月6日(土)は、草加八潮三師会(医師・歯科医師・薬剤師の三師の会)合同新年会を草加のアコスホールにて出席のため、午後4時30分にて診療を終了いたします。
なお、1月9日(火)より平常通り診療いたします。
本年も清沢歯科クリニックをよろしくお願いいたします。
 
ページの先頭へ

診療内容

  • 一般診療
  • インプラント
  • 院長のインプラントへのこだわり
  • 審美歯科
  • 特殊義歯
  • レーザー治療
  • 訪問歯科

衛生管理

  • 衛生的で安全安心な歯科治療
  • すべてのハンドピースを滅菌
OAM先進インプラント認定医院
院長 研修歴・認定証・修了証一覧
院長ブログ
スタッフブログ

診療時間のご案内

9:30〜12:00/13:30〜21:00 ※土曜午後は17:00まで 休診日:木・日・祝日 平日夜9時まで診療 初診・急患随時受付
TEL 048-998-2048

メディア掲載のお知らせ

「日本の歯科100選」

「日本の歯科100選」に当クリニックが紹介されています。

著者:日本医院開業コンサルタント協会
監修:朝波惣一郎(国際医療福祉大学 歯科口腔外科教授)


衛生管理

当クリニックの万全な衛生管理体制がフジテレビの「情報プレゼンターとくダネ!」で紹介されました。

名医認定証

日本インプラントセンター名医認定証    

日本インプラントセンター

日本審美歯科センター名医認定証    

日本審美歯科センター


当院へのアクセス

〒340-0801 埼玉県八潮市八條1868-5

広瀬病院通りぞい
八潮団地バスロータリーそば

TEL / 048-998-2048
FAX / 048-998-2034

バスでお越しの場合

八潮団地バス停留所・徒歩5分
八潮団地バス停留所・北公園入口・徒歩1分

お車でお越しの場合

広瀬病院から1分 駐車場完備(15台駐車可能)

当院の地図はこちら

当院ではクレジットカード決済がご利用いただけます(VISA、MASTER、NICOS、UFJ)